芸能

小島瑠璃子、火災現場で人命救助した高校生にコメントして自身が炎上!

 タレント小島瑠璃子が5月14日にツイートした内容に対し、またもや炎上騒ぎとなっている。

 それは、埼玉県越谷市で起きた住宅火災で、逃げ遅れた16歳少女を沖縄県在住の男子高校生が救出したとの報道に対して〈高校生が火事から女の子を助けたっていうニュース、とっても勇敢で素晴らしいと思うんだけれど本当は専門の知識が無い人が火事の現場に介入しちゃダメだと思うんです。助けたこと自体は1人の命が救われてるから喜ばしいんだけど、私達が賞賛しすぎちゃうと、、、と思う。〉とつぶやいたのだ。

 この文に対するリプライは〈言ってる事分かるけど褒めるべきだと思います〉〈言いたいことはわかる。『ダメ』という表現では勇敢な高校生を否定してしまうことにならんか?〉などの意見が次々と寄せられた。

 それらのリプライに対し小島は〈褒めたくても100%で褒め切れないって話なのです〉〈1つの考え方を気に留めてもらうために、影響力というものを使うと良いと思うのです〉と返している。

「小島の言いたいであろうことは理解できるが、伝え方がヘタ。救助した高校生のことは、素直に褒めるだけにしておいて、それを伝えるマスコミは、救助に対する注意点を促す報道をしてほしいといえばよかったのでは?と思います。それを『影響力というものを使うと良い』と、自身には影響力があると誇示するのはいかがなものか。何様だという批判になりかねませんからね」(芸能ジャーナリスト)

 小島のツイートには、小島の意見に賛同するコメントと否定的なコメントが乱立。〈火事の話で炎上とか〉といったコメントもあがっている。

 選挙速報番組に出演するようになった頃から、言動が「上から目線」とヤユされ始めている小島。いったい彼女はどこを目指しているのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」