芸能

「またやらかした!」笠井信輔の殺傷事件現場ストップウオッチ検証に非難轟々

 5月29日放送の「「とくダネ!」(フジテレビ)での笠井信輔アナの行動に非難が殺到している。

 笠井アナはこの日、前日に川崎市で起きた殺傷事件の現場で生リポート。容疑者が犯行から自死するまで10数秒しかかかっていないとする警察発表を取り上げ、ストップウオッチを片手に歩きながら検証を行ったのだ。

「笠井アナは『ここから十数秒でその犯行が可能なのかどうか。実際に時間を計ってみたいと思います!』『ここまでで42秒です!小倉さん、どう思われます?』と鼻息荒くリポートしていましが、視聴者からは《何秒で切りつけたのかの再現に何の意味がある》《気分が悪くなるからやめろ》《その検証必要ないだろ》といった、嫌悪感を抱く声がネット上に殺到したんです。当然ながら現場の指示で笠井アナがこのような見せ方をしたのかもしれませんが、笠井アナ自身のアイディアでやることになった可能性もある。いずれにせよ《また笠井がやらかした》との声が絶えないんです」(ネットウオッチャー)

 笠井アナといえば3月、東日本大震災から8年が経過した被災地の様子を生中継でリポートした際、仮設住宅の部屋にノックなしで上がり込み、雨でズブ濡れのまま家族に取材。そのドタバタぶりが視聴者の不快感を買い、猛バッシングにさらされたばかりだ。

「そうしたことから今回も叩かれまくっているのですが、『とくダネ!』では司会の小倉智昭が病気の治療のために昨年11月からとった一時休養以降、健康上の問題も考慮して小倉の指名により伊藤利尋アナが加わったとされ、これにより笠井アナは番組上で出番が減り、企画選定など制作面での発言力が増しているそうです。ただ、そのためか時折務める外でのリポートとなると、ハネを伸ばすかのごとくはりきり、その様子がまた視聴者にウザがられるようなのです」(夕刊紙記者)

 いっそのこと、完全に裏方に回ったほうがいいのでは。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
2
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
3
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
5
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?