芸能

SDN48の再結成で喜ぶ芹那に蒼井優が「怨嗟の目」を向ける!?

 12年に解散したアイドルグループ「SDN48」が8月1日に、一夜限りの再結成を行うことがわかった。同日に結成10周年記念「誘惑のガーター」公演を、東京・秋葉原のAKB48劇場で行う。

 同公演では野呂佳代や大堀恵らが不参加となっているが、同じく人気者だった芹那は出演予定。その芹那はツイッターで〈皆さまにまた見てもらえる日が来て本当にうれしいです〉と報告している。そんな芹那のアイドル1日復活に、なぜか女優の蒼井優が怨嗟の目を向けかねないというのだ。芸能ライターがささやく。

「なにしろ芹那は、蒼井の夫であるお笑い芸人・山里亮太と一触即発の関係でしたからね。山里はかつて、芹那がテレビ番組で自分の悪口を言いふらしていることを知ってから、自身のラジオ番組で『芹那が苦手』と何度となく語っていたものです。ただ、芸人という立場上、その芹那嫌いはイジりの対象となり、15年10月放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)では芹那の顔写真と無理やり共演させられたこともあります。それゆえ今回のSDN48復活に際しても、何らかの形で二人の不仲にスポットライトがあたり、芹那がよけいなことを言い出すのではと、山里&蒼井サイドではピリピリきているかもしれません」

 その芹那嫌い発言に関して山里は13年7月、自身の著書出版イベントで「申し訳ありませんでした」と公開謝罪を実施。「失恋した男が噛み付いてしまった」と言い訳していた。だが、現在の山里は蒼井との結婚で男性としてのステータスも急上昇しており、当時とは事情がまったく異なっているのも事実だ。

「当時の芹那はSDN解散後にソロタレントとして活動の場を広げ、グラビアやバラエティで広く活躍。対する山里は“キモい系芸人”としての評価が定着しており、二人のステータスはあきらかに芹那のほうが上だったのです。しかし6年経った今、芹那は仕事が激減し、テレビ的にはほぼ忘れられた存在に。対する山里は芸人界随一の売れっ子となっており、二人の立ち位置は完全に逆転しました。ただ、この状況は芹那にとって、むしろ好都合なはず。山里について言及すればバズるのは確実なので、芹那が何か仕掛けてくる可能性は十分にありえるのです」(前出・芸能ライター)

 ただし6年前とは違い、今は山里を攻撃しようものなら蒼井のことをバカにするのも同然。はたして芹那は山里について質問された時、どうかわすのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン