芸能

綾瀬はるか「新バスト戦略」をわし掴み公開する(2)新しい写真集の気になる中身

 先行公開されたカットはほんのサワリとはいえ、芸能ジャーナリストの佐々木博之氏からは、こんなホンネも。

「ハワイで撮影しながら、『ここまでなの? もっと見せてよ』と、誰もが思うでしょうね(笑)。願わくば、事務所の先輩の深田恭子(36)のように、サーフィンをしながらのはみ出たヒップだったり、きわどい水着ラインのカットがあれば‥‥。たとえ深キョン級のサービスカットがダメでも、せめてシルエットやフォルムぐらいは見せてほしいね」

 ハワイの撮影現場では、綾瀬がボディボード片手にスイスイと泳いでいたというだけに、進化したFカップが波に揉まれるシーンが拝めるやも‥‥。

「この写真集『ハルカノイセカイ』の『イセカイ』とは『異世界』であり、『胃世界』。10人のカメラマンと世界10都市を訪れ、食文化に触れるというもので、第一弾が台湾編(8月下旬予定)で、第二弾がハワイ編(年内予定)。その後は2年以上かけて世界の『食』を求めて飛び回る予定なので、ビキニだけでなく、民族衣装をまとってのセクシーなダンスシーンも期待できそう。なにせ34歳を迎えて女優として転換期を迎えているだけに、ただの旅の写真集では終わらないでしょうからね」(スポーツ紙デスク)

 確かに、多忙な合間を縫っての大型プロジェクトだけに、そこにはさまざまな「食」にまつわる新おっぱい戦略が見え隠れしているようで、

「ひとつは映画監督やプロデューサーへのアピール。残念ながら女優・綾瀬には、まだこれといった代表作が見当たらない。今回の写真集のテーマは『食と旅』であり、表向きこそ綾瀬の健康美や天真爛漫さが前面に出ていますが、進化する肉体美やセクシーさをかいま見せるにはもってこい。脱ぐ、脱がないは別にして、女優としてのステップアップや新境地の開拓につなげたいはずです」(スポーツ紙記者)

 さらに綾瀬はホリプロの看板娘だけに、プライベートにも細心の配慮が払われているという。

「ホリプロ3人娘のひとり、先輩の深キョンは自由奔放な恋多き女として認知され、後輩の石原さとみ(32)は結婚願望が強く、たびたびロマンスやスキャンダルに見舞われますが、箱入り娘の綾瀬は、年下俳優の松坂桃李(30)との熱愛報道でも、ツーショットの決定的瞬間だけは撮らせなかった」(スポーツ紙デスク)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか