芸能

スリムクラブに続くW痛手!「闇営業謹慎」2700ツネ、「目隠し遊び」報道の波紋

 またしても無期限謹慎中の芸人の恥ずかしすぎる夜遊びが発覚!?

 指定暴力団幹部の誕生会に出席したことで現在、無期限謹慎中のお笑いコンビ「2700」のツネが、約4年前に行った合コンでの醜態を暴露されている。

 その合コンに参加したという女性の告白を7月9日発売の週刊誌「FLASH」が報じており、記事によれば、ツネらは居酒屋で飲んだ後、ツネが予約していたホテルへ移動したそうだ。

 そこでツネは「先輩にもらった」と説明して、「塗る媚薬みたいなもの」を出してきたそうだ。その流れで「目隠しして、手を縛ってみようよ」といった話の方向になり、ツネたちは実演し始めたとのこと。同誌にはその際に撮影されたツネとその友人が上半身服を脱いだ姿で目隠しし、手を縛っている強烈な写真が掲載されている。あまりに異様な光景であることが写真からも伝わってくるが、今回証言してくれた女性は、この光景に酔いが醒めて帰ってしまったという。

 ツネは当時すでに既婚者で2児の父だったこともあって、この目隠しプレイ報道に世間からは「写真だけ見たらやばいパーティーだよ」「ある意味これも闇営業だろ」「目隠ししてる間にこっそり帰られてるのはウケる」「自分が奥さんならもう離婚だわ」「もう芸能界復帰は恥ずかしすぎてできないだろ」などといった声が上がるなど、すっかり呆れられてしまったようだ。また、「右ひじ左ひじ交互に見て」のリズムネタで知られるコンビとあって、「『右手、左手交互に縛って』ってか(笑)」と小馬鹿にするコメントも見られている。

「闇営業で無期限謹慎というだけで痛すぎるのに破廉恥な素顔をダメ押しで暴露されてしまったのは辛いところ。しかもツネの場合は副業として働いていた不動産会社からも今回の闇営業報道によって解雇されていますから、身から出たサビとはいえ、勘弁してくれといったところでしょう。また、6月25日にはこちらも『FLASH』が、同じく闇営業発覚で無期限謹慎となったスリムクラブが今年2月頃に千円札を使った路上口説きで一般女性のお持ち帰りを試みるも失敗した顛末が報じられていました。こちらも居酒屋での飲み代として女性陣に1人3000円支払わせるなど、ドケチぶりが明かされていましたね。闇営業で無期限謹慎中のこのタイミングで2組の夜遊び報道が出たのは、単なる偶然ではなく、彼らにスポットが当たる機会を見計らっていた結果、今が解禁の時だと編集部が判断した可能性も考えられますが、それにしてもエグいタイミングですね」(エンタメ誌ライター)

 このことをツネが奥さんに詰められていることを想像すると…さすがに少し可哀想になってくる。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント