芸能

「闇営業問題」を巡る「オール巨人の一言」に関係者が“大困惑”なワケ

 カラテカ・入江慎也の解雇に始まり、雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号・田村亮、スリムクラブらの謹慎を招いた芸人らによる「闇営業問題」。謹慎処分となった多くの芸人がいつ復帰できるかのメドはいまだ立たず、反社会的勢力相手の営業の代償は極めて大きいものとなった。

 こうした芸人たちの窮状に男気を見せているのが大物芸人たち。ダウンタウンの松本人志は「ワイドナショー」(フジテレビ系)では事務所を介さない「闇営業」について「30年前は自分もやっていた」と発言し、こうした営業自体に大きな問題はないことを強調した。

 明石家さんまも「MBSヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で闇営業問題について言及。

「入江には世話になっているから、入江にたのまれたらオレも絶対に行っていた」と、正直な胸の内を明かした。そんな中、「闇営業を巡る『超大物芸人の発言』に多くの関係者が困惑しているんですよ」と明かすのは芸能事務所マネージャーだ。その芸人とはオール巨人だという。どういうことか。マネージャーが語る。

「7月10日にオール巨人が『カジサック』ことキングコング・梶原雄太のユーチューブ動画にゲスト出演したのですが、そこで『「闇営業」と「直の営業」は別』という趣旨の“新たな定義”を提示したんです。これにお笑い業界内で『勘弁してくれ!』の声が噴出しているんです」

 この巨人の発言で「多くの芸人が風評被害をこうむりかねない」と前置きして同マネージャーが言う。

「巨人は『会社を通さないだけの営業』を『直の営業』と表現して『反社会的勢力相手の営業』のことを『闇営業』と言っているのですが、今さら『闇営業』の定義を変えられると『闇営業をやったことがある』と明かした芸人に大迷惑がかかりかねないですよ。大御所だけにもっと考えてしゃべってほしかったですね」

 さまざまな側面から、まだまだ収束しそうにない闇営業問題であった。

(牧マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性