事件

紳助親分が「干しあげた」女たち(3)相手にされないと誹謗中傷

もちろん、いかに一大勢力を誇った紳助一家とはいえ、全ての欲望が思いのままになることはなかった。
「基本的には、多少高圧的に出れば言うことを聞いてくれるおとなしいタイプを好みましたが、見境なく触手を伸ばしていた。周囲には今、誰を標的にしているのかバレてしまう露骨さで、あるバラドルはかつて『紳助さんは今、伊東美咲さん(34)がお気に入りみたい』と言っていましたよ」(放送作家)
 今回の引退の引き金となったメールでは、
「一番は森泉ですわ。伊東美咲はアバズレ」
 などと、伊東についてひどい言いようだった。
「あれは粉をかけたものの相手にもされなかったことへの恨み節でしょう。他にもNHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』でブレイクする前の松下奈緒(26)にもご執心で、番組内で淡路島への1泊旅行デートまで企画したほどです」(前出・ディレクター)
 番組共演をきっかけに、紳助から一方的に思いを寄せられた女優は数多い。
「黒谷友香(35)のことは、周囲の目もはばからず『あの女はエエな』と公言していたものの、結局、黒谷のほうが一枚上手で愛人どころか一切相手にされなかった。結果、番組に使わなくなったんです。南明奈(22)も同様で、紳助を難なくソデにしている。彼女は紳助以外の大物からも接近されることが多く、オヤジあしらいにたけていたんですよ。一方、菊川怜(33)の場合は、東大卒という学歴にコンプレックスがあったようで、言い寄ることすらできないまま、バラエティ番組から干そうとしたという」(テレビ関係者)
 また、結婚前の坂下千里子(35)も、紳助から熱烈に言い寄られていたようだ。
「紳助の引退後に彼女は、『こんなことになって、口説きに乗らなくてよかった』と、胸をなで下ろしていたそうです。そして『飲みに行っても手招きされると絶対そばに行かないといけないし、逆らうと仕事に影響するから』とこぼしていたという」(前出・放送作家)
 引退直前には、Gカップグラドルに狙いを定めていたとも。
「杉原杏璃(29)ですよ。番組の収録後、『このあとメシでもどうや』と誘ったところ『違う現場が入っておりまして』と体よく断られてしまったそうです。すると、『そんな仕事はアカン。俺がもっとマシな仕事入れたる』と鼻息荒く口説き続けていましたよ」(前出・ディレクター)
 最後までオンナ欲にまみれた紳助親分だが、最後は哀れ、自分が芸能界から干し上げられてしまった。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった