政治

橋本府知事VS平松市長 オモシロすぎる「仁義なき口撃」(3)「大阪人の意識が変わり始めた」

 さらにここにきて、維新の会の強引な手法に批判の声も上がっている。維新の会が9月府議会に提出した教育基本条例案は、5人の教育委員から「物凄く乱暴なもの」と批判されているのだ。
「この条例案は、教員の懲戒規定を明確化したり、首長が設定した目標を実現する責務を果たさない教育委員を罷免できる、などの内容を含みます。大阪・堺両市議会にも提出されることになっており、市長選に大きな影響を及ぼすことは必至です」(前出・府政担当記者)
 はたして、大阪の有権者は何を思うのか。
 大阪在住のジャーナリスト・大谷昭宏氏が「権力を何よりも嫌う大阪人が、橋下知事の鎧の下に権力の臭いを感じ始めたのでは」としたうえで、次のように解説する。
「実現性のない政策ばかりを打ち出す手法に対しても市民の意識が変わり始めた。大阪都構想にしても、国会で地方自治法を変えなければ実現不可能。震災復興で課題が山積している国にそんな余裕はない。しかも、維新の会は既成政党といたずらに対立して結成されたわけですから、国政と連携できるはずもない」
 一方、同じく大阪在住のジャーナリスト・今井一氏は、今回の大阪市長選で「シラケ選挙からの脱皮」に期待を込めてこう話す。
「前回市長選は投票率こそ上がりましたがそれでも43%。それ以前は30%台がほとんど。つまり有権者全体の20%程度の支持でも当選してしまう。これでは、市職員やその家族の支援で市長が決まってしまう。橋下VS平松で関心度が高まれば投票率60%超えもありうるでしょうから、ぜひ実現してほしい」
 みずから市長選に出馬するかどうかは、府議会議案採決日の10月21日まで明かさないとしている橋下氏。ナニワの舵取りを巡る争いから目が離せない。

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し