スポーツ

集中連載ダルビッシュとマー君「異次元快投」の真相(3)マー君「沢村賞宣言」の真意

 そのダルビッシュを防御率で上回るのが今季の田中である。
「余分なことを考えず、ベースの上に投げておけば、簡単には打たれない」
 と佐藤コーチ。女房役の嶋基宏も「田中には気持ちよく投げてもらえればいい」と絶大な信頼を置く。田中の今年の急成長について、佐藤コーチは当たり前のように言う。
「別に不思議でも何でもない。昨年、キャンプで故障してできなかったことが、今年はきっちりとできたからね」
 走り込みによる下半身作りによって、フォームに粘りが出てきた。粘りが出て球威が増したことによって、三振がいつでも取れるようになった。新しい球を習得したことも大きな収穫だった。
 指の短い田中にとって、フォークより縫い目が指にかかりやすいスプリット・フィンガード・ファストボール(SFF)をマスターすることで、内角を上手に攻められるようになったのだ。得意のスライダーを生かすための武器にもなる。
 田中自身もこの新球の効果を認めている。5月20日のヤクルト戦(Kスタ宮城)で、15奪三振を上げたあとなどは「自分で狙って取ることができた」と自信満々に語ったものだ。
 この試合は仙台出身のヤクルト・由規が満を持してマウンドに登った凱旋登板試合。お互いに負けられない試合だったが、田中は「相手がムキになって挑んできたから」と涼しい顔で受け流し、2─1というしびれる投手戦を制している。
「田中の場合、ギアが一つ入ると別次元のピッチングになる」
 と、嶋に激賞されたのが8月20日と27日のソフトバンク戦だ。両試合ともエース杉内相手に、20日は2ー1で振り切り、27日は自己最多タイとなる18奪三振で完封してみせた。星野仙一監督も言う。
「田中は強い相手と当たるほど、相手がライバル意識を.き出しにしてくるほど、燃えるタイプの男だ」
 ここで、今季の田中の成績をダルビッシュと比較してみよう(9月21日時点)。防御率は1.41でダルビッシュの1.45を上回る。16勝のダルビッシュに対して田中は15勝。完投は田中が11でダルビッシュが9だが、奪三振率はダル10.63に対して田中は9.69。ほぼ互角の内容と言っていい。
 では、何が田中をここまでレベルアップさせたのか。春の久米島キャンプで田中はこう宣言した。
「今年はリーグ優勝、日本一はもちろん、開幕投手と沢村賞を狙います」
 この言葉には、4年連続開幕投手の岩隈からその座を奪うこと。そして、ダルビッシュが日本にいるうちに勝ちたいという強い気持ちが込められている。それが今の田中のモチベーションになっているのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」