スポーツ

集中連載ダルビッシュとマー君「異次元快投」の真相(4)太腿が5センチ太くなった

 田中が沢村賞にこだわるのにはわけがある。2年前になる。オールスターの試合後、ダルビッシュと西武・涌井秀章とともに、田中は食事に出かけた。この年のオフに涌井は沢村賞を受賞しているが、この会食の席でも〝沢村賞を獲ってこそ一人前〟といった話題になったという。広島の前田健太がダルビッシュらと親しく会話するようになったのも、沢村賞受賞者の仲間入りをしたからだと田中は見たに違いない。
 それだけに、今年は何としても自分が獲る番だと思っているし、それも兄貴分・ダルビッシュが日本球界にいるうちに受賞したい、という思いが気合いに拍車をかけているのである。
 その沢村賞の条件は登板数が25試合以上で、完投数10個以上、勝利数15以上、奪三振150以上、投球回数200イニング以上で勝率は6割以上。そのうえで防御率は2.50以下という7項目をクリアすることが基準になっている。現在までのところ、残りのシーズンを全欠場でもしないかぎり、2人ともクリアできる数字だ。
 田中にとってこの条件は「エースの資格」だが、対してダルビッシュは「5億円もらっている投手として当然の義務」と事もなげに言ってのける。そして「当たり前のように達成してしまうところがダルの凄さ」と、佐藤コーチは言うのだ。
 ところで、ダルビッシュは、みずからの口からメジャーに行きたいという言葉は発していない。だが、佐藤コーチの目には、最近のトレーニング方法から見ても間違いなくメジャー行きの日が近いと映っている。田中もそれがわかっているだけに、今季中にどうしても乗り越えたいのだ。
 佐藤コーチが2人の教え子を比較して言う。
「ダルビッシュがプロ入り2年目、俺が日ハムの一軍コーチに上がった年、彼は自分から進んで走り込むようになって、太腿が5センチぐらい大きくなった。その年のプレーオフに初めて150キロのストレートを投げている。今の田中にもそれと同じようなものを感じる。確実に太腿が太くなっているし、力強い球が来ている。ベースの上で勝負できる投手になったよ」
 田中が追いかけると、ダルビッシュは、さらに一歩先を目指して体作りを始めた。競争はとどまるところを知らない。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”