芸能

松本人志と過去に遺恨があった?加藤浩次が「スッキリ」で激怒した本当の理由

 7月28日に放送されたバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)にて、ダウンタウン・松本人志が、吉本興業からの退社を示唆していた極楽とんぼ・加藤浩次について語った。

「松本は、加藤との対立構造が一部で報じられている件について『すぐ加藤に電話したんですよ。全然好きに言ってええよ、そんなん怒ってないから、本当にお前の思いも言ったほうがいいよ。イヤな思いもしてきただろうから、言っていいから』と、おたがい険悪な関係ではないと明かしました」(テレビ誌記者)

 そんな加藤は、7月22日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)で、「大先輩に対して本当におこがましいが、でも松本さん!会社のトップなんです。みんな辛い思いをして、会社のトップが責任取れない会社って、機能してるのかな」と、松本や吉本の体制に関して、苦言を呈していた。しかし、7月29日発売の「週刊現代」によると、加藤は今回の件以外にも、積もりに積もった上層部への不満があったという。

「『週刊現代』が吉本関係者を取材したところ、もともと、松本と加藤には溝があったとのこと。過去、松本は、加藤の相方・山本圭壱が派閥を作ることに嫌悪感を抱いており、女性問題で謹慎した際は、復帰を許さなかったそうです。これに彼の意を汲む大崎会長も、同調することとなったのだとか。また他にも、加藤は拠点にしていた『銀座7丁目劇場』を大崎会長に潰された過去があり、会社への不信感がさらに強まった。そのため、今回の件で積年の不満が爆発したのかもしれません」(芸能記者)

 7月26日の「スッキリ」では、退社発言について「僕がこういうことを発言したことで事が大きくなっていることは、本当にお詫びと謝罪したい」と語った加藤。このまま、「加藤の乱」とも呼ばれる騒動は沈静化していくのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」