芸能

批判の連続だったフジ笠井信輔、フリー転身に納得でも需要には“疑問”の声!

 7月30日、一部スポーツ紙でフジテレビの笠井信輔アナがフリーに転身することが報じられた。

「9月いっぱいでフジを退社し、同時にレギュラーを務める『とくダネ!』も卒業。10月からは同番組で司会を務める小倉智昭が所属する事務所での活動が決まっているという。笠井アナはすでに56歳、すでにアナウンス専任部長の席に就き、『とくダネ!』でもコーナーのみを務めて現場から距離を置き始めている身だけに驚かされました」(夕刊紙記者)

 笠井アナは同日放送の「とくダネ!」は夏休み中だったが、小倉はそこで「2年ほど前から相談に乗っていた」と明かしている。加えて報じられたところによれば、すでに昨年5月ごろから本格的にフリー転身へ向け動き出していたといい、管理職の仕事が増える中、映画や演劇といった本人の専門分野を活かせる仕事を“現場屋”として自由にやりたいと決意したという。 

しかし、ネット上では50歳半ばにしてのそうした決断を称賛する一方、〈そのまま裏方に回ったほうがよかったのでは〉との声も多くあがっている。

「3月には東日本大震災の被災地をリポートし、仮設住宅に雨でズブ濡れのままあがりこんで家族にマイクを向ける姿が、視聴者に不快感を抱かせた。5月には川崎で起きた殺傷事件現場の生リポートでストップウオッチを使って犯行を再現したことが批判を浴び、同じ月の『バイキング』では、生放送中に携帯電話を鳴らしてしまうなど、ここ最近はマイナスイメージばかりが続いていますからね。ただし今考えれば、映画や演劇など本来自分がやりたいことができない悶々とした中での、空回りと集中力を欠いた姿だったのかもしれません」(前出・夕刊紙記者)

 業界内では「年齢を考えず前に出しゃばり過ぎるところがある」(テレビ局関係者)と、フリー転身後の需要を疑問視する声もあるが、そこは小倉さんが何とかしてくれるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」