芸能

批判の連続だったフジ笠井信輔、フリー転身に納得でも需要には“疑問”の声!

 7月30日、一部スポーツ紙でフジテレビの笠井信輔アナがフリーに転身することが報じられた。

「9月いっぱいでフジを退社し、同時にレギュラーを務める『とくダネ!』も卒業。10月からは同番組で司会を務める小倉智昭が所属する事務所での活動が決まっているという。笠井アナはすでに56歳、すでにアナウンス専任部長の席に就き、『とくダネ!』でもコーナーのみを務めて現場から距離を置き始めている身だけに驚かされました」(夕刊紙記者)

 笠井アナは同日放送の「とくダネ!」は夏休み中だったが、小倉はそこで「2年ほど前から相談に乗っていた」と明かしている。加えて報じられたところによれば、すでに昨年5月ごろから本格的にフリー転身へ向け動き出していたといい、管理職の仕事が増える中、映画や演劇といった本人の専門分野を活かせる仕事を“現場屋”として自由にやりたいと決意したという。 

しかし、ネット上では50歳半ばにしてのそうした決断を称賛する一方、〈そのまま裏方に回ったほうがよかったのでは〉との声も多くあがっている。

「3月には東日本大震災の被災地をリポートし、仮設住宅に雨でズブ濡れのままあがりこんで家族にマイクを向ける姿が、視聴者に不快感を抱かせた。5月には川崎で起きた殺傷事件現場の生リポートでストップウオッチを使って犯行を再現したことが批判を浴び、同じ月の『バイキング』では、生放送中に携帯電話を鳴らしてしまうなど、ここ最近はマイナスイメージばかりが続いていますからね。ただし今考えれば、映画や演劇など本来自分がやりたいことができない悶々とした中での、空回りと集中力を欠いた姿だったのかもしれません」(前出・夕刊紙記者)

 業界内では「年齢を考えず前に出しゃばり過ぎるところがある」(テレビ局関係者)と、フリー転身後の需要を疑問視する声もあるが、そこは小倉さんが何とかしてくれるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
2
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
3
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
4
あの川田利明が「ベンツ3台分をつぎ込んでも」ラーメン屋を続ける理由とは!?
5
常盤貴子の完熟ボディに熱視線!過去最高の「2つのふくらみ」は見逃せないッ