スポーツ

石川佳純と伊藤美誠が「ビデオ判定導入」卓球賞金大会で注目“それぞれの理由”

 カネが絡むと、ヒトは変わるか…。

 賞金総額1億6000万円強!7月18~21日にマレーシアで繰り広げられた国際大会・T2ダイヤモンドでは、日本の石川佳純と伊藤美誠が注目を集めていた。

「それというのも、直前の大会のオーストラリアオープンで、石川が中国選手に勝っていたからなんです。今季、初めての対中国戦の勝利でした。準々決勝を逆転で勝った精神力は素直にほめてあげたい。しかも相手は、世界ランク1位の陳夢だったんですからね」(体育協会詰め記者)

 ゲームセットと同時に、石川は日本陣営のコーチ、他選手のもとに走った。握手の手を差し出したが、すぐに退場通路に急いだ。いったん立ち止まり、会場に一礼するなり、タオルで顔を隠した。その号泣シーンにもらい泣きする海外メディア記者も出たそうだが、別の意味で、伊藤もT2ダイヤモンド直前まで注目されていたという。

「T2ダイヤモンドは、緊急でビデオ判定が導入されることになったんですが、今年4月、ハンガリーのブダペストで行われた世界選手権で、伊藤は『誤審だ』として、試合途中で猛抗議。女子ダブルス決勝戦だったので、伊藤の怒った様子は世界中に流されました。このことで、ビデオ判定導入論議が再燃していたんです」(前出・体協詰め記者)

 卓球におけるビデオ判定の導入の是非は以前から話し合われていた。伊藤の猛抗議が導入を加速させたとも言えるが、「審判が見誤ったと思うが、伊藤もやりすぎ」というのが、海外メディアの捉え方。それゆえ、ビデオ判定が導入され、伊藤がどんな対応を見せるのか、注目されていたそうだ。

「東京五輪に出場できるかどうかは、ランキング次第。T2ダイヤモンドは加点ポイントも大きく、選手が必死になるのは当然ですが、高額な賞金も出るので、微妙な判定を巡って抗議が始まったら、すさまじいものになるのではないか、と注目されていたんです」(TV局スポーツ部員)

 ちなみに、伊藤が猛抗議をしたブタペストで開催された世界選手権では、石川も“誤審判定”を受けていた。微妙な判定により、自身に加点されたものの、石川は「相手のポイントです」と対応。その潔さにアンチ・日本選手の中国メディアまでが絶賛していたが…。

 結局、「15秒以内にサーブを出さなければならない」などの新ルールも導入されたT2ダイヤモンドでは、石川は初戦で世界ランク4位の朱雨玲に敗退。伊藤も初戦敗退したが、伊藤を破った加藤美優が準々決勝で陳夢から大金星をあげてベスト4入りした。また、高額賞金が絡む大会でのビデオ判定で人が変わるような事態も起きなかった。

 8月13~18日のブルガリアオープンでの、石川を始め日本女子卓球選手の東京五輪出場をかけた奮闘に期待したい。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス