芸能

加藤浩次“辞めるのやめた”とマスコミ批判で噴出する「腰抜け」評!

 芸人の闇営業を巡る問題で、吉本興業幹部を痛烈に批判するとともに、「経営陣が変わらなければ会社を辞める」とまで言い放っていた極楽とんぼの加藤浩次が、8月9日、自身が司会を務める「スッキリ」(日本テレビ系)で、事実上の吉本残留を宣言。これが世間には〈腰抜け〉などと散々のこき下ろされようだ。

 番組では冒頭から、今回の騒動を受け吉本が設置し、放送前日に初会合が開かれた外部識者による「経営アドバイザリー委員会」の様子がVTRで伝えられた。そこでは、所属するすべての芸人と共同確認書を交わし、これまでと同様のマネジメント契約に加えて、芸人本人がマネジメント方針を決めることができる「エージェント契約」を導入し、どちらかを選択できる形をとることを発表。加藤はこれに同調し、「吉本と向き合おうと思う」としたのだ。

「つまり、これで“辞めるのをやめた”ということ。さらに加藤は、そのエージェント制について『ボクが思いつきました』と話し、これを松本人志や東野幸治、岡村隆史、田村淳などと相談する中、『吉本芸人を一人も辞めさせないで会社を改革したい』と説得する松本を通し、大崎洋会長に提案。それが通ったことで、ホコを収めることにしたようです」(夕刊紙記者)

 加藤は同番組でタンカを切った翌日の7月23日に大崎会長と会談をして“退社保留”としたあたりから、すでにそのトーンダウンぶりは話題になっており、26日の同番組では「ボクが発言したことで事が大きくなっているのはお詫びと謝罪をしたい」と完全にキバを抜かれたような状態となったため、様々な憶測が飛び交っていた。

「『経営アドバイザリー委員会』の発表を待つまでもなく、加藤は残留、との情報は伝わっていました。周囲の説得はもちろんのことですが、話が進むにつれ、吉本興業の強大さと、そんな吉本とケンカ別れしたところで自分は何の得にもならないことを悟ったというのがもっぱらの見方。ただ、今回の放送でも、自分から火をつけたにもかかわらず、“加藤の乱”と報じられ吉本や松本との対立構造を描かれたことについて、『改めてマスコミって怖い』などと、終始騒動の広がりがマスコミの責任であることを強調しており、こうした態度がSNS上で《もう情報番組の司会なんて無理だろ》《キレ芸もすでに痛すぎる》《タレントとして終わった》などと、相当な反感を買っているようです」(芸能記者)

 みずから蒔いた種の回収は、かなり厄介なものになりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性