芸能

欅坂46平手友梨奈、全国ツアー出演見合わせにファンから落胆と心配の声続々!

 一部ファンが心配していたことが現実に…。

 欅坂46の平手友梨奈が16日から開幕した「全国アリーナツアー2019」の出演を見合わせることが15日に発表された。

 同グループの公式サイトによれば、平手は活動中に右ひじを負傷して、万全の状態でダンスパフォーマンスができない状況とあり、一定期間安静にするようにとの診断を受けたとのこと。

 ダンスパフォーマンスを伴わない活動については〈無理のない範囲で継続させて頂きます〉とし、パフォーマンスを伴う活動の再開に関しては〈回復の状況と医師の判断に従って決定致します〉としている。

 致し方ない理由での出演見送りではあるが、今までリリースした全シングルでセンターを務めている平手が不在で全国ツアーが開幕を迎えることについては、ファンからは「平手ちゃんがいないのはやっぱり寂しいよな」「イヤな予感はしてたけど、本当に的中するとは…」「プロ野球選手よりケガしているイメージだな。大丈夫かな」といった内容のものなど、出演見送りを残念がる声が続々と上がっている。

「平手は昨年の真夏の全国ツアーもベストコンディションでパフォーマンスを迎えていたとは言い難く、今年こそ笑顔の平手を見たいというファンも多かった。しかし、6月26日放送の音楽特番『テレ東音楽祭』(テレビ東京系)も、平手は体調不良のため、欠席していたりと、気がかりな点もありました。今回は右ひじの負傷ということですが、仮に精神的な問題での欠席であるならば、一度本格的に療養したほうがいいような気もしますね」(アイドル誌ライター)

 とはいえ、平手が不在となっても十分なパフォーマンスを見せられるのが現在の欅坂の強みでもあるだろう。

「昨年も平手が不在でステージに立つことは多かったですが、鈴本美愉や小林由依などが代理センターを務めました。そんな時でも、ライブはもちろん、『NHK紅白歌合戦』『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)といった大舞台で、メンバーたちは堂々とパフォーマンスできることはファンたちも良くわかっています。現にすでに行われた仙台公演でも昨年11月に加入した2期生メンバーも含めて、グループで団結してエースの不在をカバーしていましたね」(前出・アイドル誌ライター)

 しかし、やはり平手が参加しない公演に「物足りなさがない」と言うのには無理がある。追加公演で9月18、19日と東京ドーム公演が開催されることが発表されているだけに、ファンとしては、どうにかそれまでに復活してほしいというのが本音だろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
3
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕