芸能

多部未華子主演ドラマへの「ベッキーゲスト出演」に飛び交う“不要論”とは?

 多部未華子主演ドラマ「これは経費で落ちません!」(NHK)で、ちょっとしたざわつきが起き始めているという。

 多部演じる主人公の森若沙名子は、せっけんメーカーの経理部に所属する社員。年齢と同じ27年間彼氏ナシ。お1人様が好きなアラサー独身。「何事にもイーブンに生きる」をモットーに完璧に仕事をこなし、日々、領収書や請求書のチェックに余念がない。

 不正には、相手が誰であっても毅然と立ち向かう。笑いあり、涙ありの、このオフィスドラマだが、放送時間が、黒木華主演で視聴満足度がバツグンに高いドラマ「凪のお暇」(TBS系)と同時刻ため、録画や火曜深夜の再放送で楽しんでいる人も多いようだ。

 視聴者からは「おもしろく観ています。とにかく主人公森若さんのキャラクターがブレずに一貫しているところがよい」「とても好きなドラマで毎週楽しみです」「ここまでハズレ回がないドラマは珍しい」「朝ドラでもいいほど、おもしろい」などおおむね好評だ。

「ところが、8月24日に放送された第5話の終わりに次回の予告が流れると、ネットのコメントがざわつきだしたのです。予告では、後半のキーパーソンとなる経理部の新メンバー麻吹美華(江口のりこ)が紹介されました。そして、第6話に秘書課の有本マリナとして登場するのがベッキー。これに対してネット上では『江口さん好き。ベッキー要らない』『ベッキー出るなら見るのやめる』『今期唯一観てるドラマなのに、ベッキーとか本当勘弁してほしい』など、ベッキー不要論が多数書き込まれたのです。ドラマの主人公が、不正を嫌うお堅いキャラで共感を得てきただけに、過去の不貞騒動でいまだに“ウソつき”のイメージを持たれているベッキーに、拒否反応が表れたようです」(テレビ誌ライター)

 結婚も果たし、幸せいっぱいのベッキーだが、お仕事に関しては全盛期のように順風満帆とはいかないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
自分を人気者と勘違い!東国原英夫にブチ切れた蓮舫に「そりゃ3位だわ」嘲笑の嵐