芸能

美女タレント「ナニコレ“チン”百景」を全暴露する(2)本田翼はCMの撮影中に…

 妖艶というイメージからは、ほど遠い本田翼(27)だが、8月23日に公開されたLINEモバイルの新CMでのハジけっぷりが評判となっている。大手広告代理店関係者によれば、

「もともと、このシリーズのCMでは、曲に合わせて踊りまくるのが、定番パターン。今回は赤いワンピース姿の本田がテレビ画面から出てくるシーンでは、スカートがめくれ上がっているんです。太腿があらわになり、『もしかしたらパンツが見えているのでは?』と画面に食い入る男性が急増中(笑)。実際には見せパンをはいて、中が見えてもいいように撮影していて、現場では何度もパンチラを拝観できたとか」

 こうなったら、NG場面もぜひ公開してほしい。

 娘でモデルのKoki,(「o」の上に「-」)の売り込みに必死だと報じられている工藤静香(49)も、「ナニコレ」の世界では堂々とランクイン。それもそのはず、8月27日のインスタグラムの投稿で「40代最後の夏という事で あっという間だね 笑笑笑笑」と熟女ハイレグのビキニ姿を大サービスしたのだ。実は、過去にもここまでの露出を見せたことはないだけに、衝撃的なカットとして話題となったのだ。グラビア誌編集者が語る。

「画像では、布面積がほぼないヒモパンの水着を着て、全身を横から写しているのですが、スレンダーな体はキープしたまま、胸の膨らみが全盛期同様、それほどでもないところが、たまらない。ふだんはパーソナルトレーナーと一緒に大型犬を連れてランニングしながら散歩するのが日課だけに、ナイスボディをキープしているのでしょう」

 いよいよ露出開眼か!?

 アラフィフ美女のハイレグに感化されたのか、グラドル出身の小島瑠璃子(25)も負けていない。8月31日放送の「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系)にゲスト出演した、こじるりは番組内だけに飽き足らず、番組のオフショットとして公開したインスタでのスイカ柄のビキニ姿を公開。意外なボリューム感にファンも大コーフンで「ほとんど裸だな」「脱ぎっぷり、さすがです!」などとの声が上がっているほどなのだ。

「華奢なイメージのあるこじるりですが、実は胸のサイズはEカップとも言われています。胸の谷間がバッチリ見え、ハジけるようなピチピチの肌を露出しまくっている姿は、かなりの数の男性を興奮させたでしょうね」(芸能ウオッチャー)

 ぜひともグラビア継続をお願いするばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!