芸能

沢口靖子と鈴木京香もだった!?テレビ界「隠れ共演NG」リストを一挙公開!

 いずれも30年以上の芸歴を誇る鈴木京香(51)と沢口靖子(54)。その衰えぬ美貌で、これまで多くの作品に花を添えてきたが、2人の名がそろってクレジットされたのは89年公開の「ゴジラVSビオランテ」(東宝)のみ。以降、2人が同じカメラフレームに収まることはなかった。

 芸能関係者が両者の「断絶」を明かす。

「2人とも年齢が近く、おまけに独身。同世代の女性からの支持が厚いことで知られていますが、キャラクターが似ているので、CMやドラマのキャスティング会議で一緒に名前があがることが珍しくありませんでした。特に90年代後半から2人とも捜査モノのドラマで主演を演じる機会が増え、おたがいをライバル視するようになったんです」

 カネボウの水着キャンペーンガールから女優へ転身した鈴木。そして第1回東宝シンデレラオーディショングランプリ獲得をきっかけに芸能界入りした沢口。人気女優になるまでの道筋は大きく異なるが、ある共通点があるという。

「2人ともNHKの朝ドラでドラマ初主演を飾っているんです。沢口は『澪つくし』(85年)で最高視聴率55.3%、平均44.3%を記録したのに対して、鈴木の『君の名は』(91年)は平均29.1%と、当時の朝ドラ史上最低の視聴率を更新してしまったんです」(前出・芸能関係者)

 朝ドラでブレイクした沢口は順調にキャリアを積み、99年にスタートした「科捜研の女」(テレビ朝日系)など長寿シリーズのヒロインに。一方の鈴木も90年代後半には「お礼は見てのお帰り ナニワのべっぴん刑事シリーズ」(関西テレビ)や「きらきらひかる」(フジ系)などで沢口の主戦場である刑事ドラマへの進出を果たす。

「確かに、キャスティング会議で鈴木と沢口の名前が頻繁に出たものです」(ディレクター)

 そんなふうに、両者の緊張が高まる中で、鈴木がごく親しいドラマ関係者の前で、沢口について漏らした「衝撃の一言」があった──。

 9月17日発売の「週刊アサヒ芸能」9月26日号では20年にわたる2人の確執をはじめ、その他、人気タレントたちの共演NGの深いワケに切り込んでいる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言