芸能

沢口靖子と鈴木京香もだった!?テレビ界「隠れ共演NG」リストを一挙公開!

 いずれも30年以上の芸歴を誇る鈴木京香(51)と沢口靖子(54)。その衰えぬ美貌で、これまで多くの作品に花を添えてきたが、2人の名がそろってクレジットされたのは89年公開の「ゴジラVSビオランテ」(東宝)のみ。以降、2人が同じカメラフレームに収まることはなかった。

 芸能関係者が両者の「断絶」を明かす。

「2人とも年齢が近く、おまけに独身。同世代の女性からの支持が厚いことで知られていますが、キャラクターが似ているので、CMやドラマのキャスティング会議で一緒に名前があがることが珍しくありませんでした。特に90年代後半から2人とも捜査モノのドラマで主演を演じる機会が増え、おたがいをライバル視するようになったんです」

 カネボウの水着キャンペーンガールから女優へ転身した鈴木。そして第1回東宝シンデレラオーディショングランプリ獲得をきっかけに芸能界入りした沢口。人気女優になるまでの道筋は大きく異なるが、ある共通点があるという。

「2人ともNHKの朝ドラでドラマ初主演を飾っているんです。沢口は『澪つくし』(85年)で最高視聴率55.3%、平均44.3%を記録したのに対して、鈴木の『君の名は』(91年)は平均29.1%と、当時の朝ドラ史上最低の視聴率を更新してしまったんです」(前出・芸能関係者)

 朝ドラでブレイクした沢口は順調にキャリアを積み、99年にスタートした「科捜研の女」(テレビ朝日系)など長寿シリーズのヒロインに。一方の鈴木も90年代後半には「お礼は見てのお帰り ナニワのべっぴん刑事シリーズ」(関西テレビ)や「きらきらひかる」(フジ系)などで沢口の主戦場である刑事ドラマへの進出を果たす。

「確かに、キャスティング会議で鈴木と沢口の名前が頻繁に出たものです」(ディレクター)

 そんなふうに、両者の緊張が高まる中で、鈴木がごく親しいドラマ関係者の前で、沢口について漏らした「衝撃の一言」があった──。

 9月17日発売の「週刊アサヒ芸能」9月26日号では20年にわたる2人の確執をはじめ、その他、人気タレントたちの共演NGの深いワケに切り込んでいる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然