芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(6)藤田弓子、大谷直子…昭和の名女優の本気度

 朝ドラ100本目の記念作品ということで、歴代ヒロインの豪華共演が話題となった「なつぞら」。が、今も現役で活躍しながら出演がかなわなかった女優たちの中で、昭和の朝ドラヒロインたちの艶っぷりも、実に味わい深いものがあった。

 現在では、春と秋スタートの年2本が制作される朝ドラだが、まだ1年1本だった1968年、「あしたこそ」のヒロインを務めたのは、現在もドラマや舞台で活躍中の藤田弓子。

「若き日に写真集などで脱いでいますが、当時40歳での大胆演技として話題になったのが、85年の映画『瀬降り物語』。昭和の日本人らしい、小さ目のバスト&大きいヒップが、なんとも生々しかったですね」(映画ライター)

 一方、69年の朝ドラ「信子とおばあちゃん」のヒロインは、76年の映画「やさぐれ刑事」、80年の「ツィゴイネルワイゼン」など多くの映画作品で脱ぎを披露してくれた、大谷直子だった。

「68年、18歳で出演した映画『肉弾』ですでに初脱ぎを果たしていましたからね。バストは推定Cカップの美しいお椀型、ギュッと締まった小さめの先端部分も理想的で、多くの男性の心をかき乱してくれました。81年には、まだ当時の日本では珍しかった妊婦で挑んだ写真集を発表して話題になりましたね」(芸能記者)

 71年の朝ドラ「繭子ひとり」のヒロインを務めた山口果林も、アツい絡みでボディを見せてくれた。

「80年の映画『海潮音』です。記憶喪失の女性を演じ、相手役の池部良のやさしい愛撫に、当時33歳の山口のボディは感じてしまったのでしょう。舐められて濡れたバストの先端が完全にピン勃ちしていたのが印象的でした」(前出・映画ライター)

 ワンシーンでもいいから「なつぞら」で現在の姿を見たかった。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
4
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!