芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(6)藤田弓子、大谷直子…昭和の名女優の本気度

 朝ドラ100本目の記念作品ということで、歴代ヒロインの豪華共演が話題となった「なつぞら」。が、今も現役で活躍しながら出演がかなわなかった女優たちの中で、昭和の朝ドラヒロインたちの艶っぷりも、実に味わい深いものがあった。

 現在では、春と秋スタートの年2本が制作される朝ドラだが、まだ1年1本だった1968年、「あしたこそ」のヒロインを務めたのは、現在もドラマや舞台で活躍中の藤田弓子。

「若き日に写真集などで脱いでいますが、当時40歳での大胆演技として話題になったのが、85年の映画『瀬降り物語』。昭和の日本人らしい、小さ目のバスト&大きいヒップが、なんとも生々しかったですね」(映画ライター)

 一方、69年の朝ドラ「信子とおばあちゃん」のヒロインは、76年の映画「やさぐれ刑事」、80年の「ツィゴイネルワイゼン」など多くの映画作品で脱ぎを披露してくれた、大谷直子だった。

「68年、18歳で出演した映画『肉弾』ですでに初脱ぎを果たしていましたからね。バストは推定Cカップの美しいお椀型、ギュッと締まった小さめの先端部分も理想的で、多くの男性の心をかき乱してくれました。81年には、まだ当時の日本では珍しかった妊婦で挑んだ写真集を発表して話題になりましたね」(芸能記者)

 71年の朝ドラ「繭子ひとり」のヒロインを務めた山口果林も、アツい絡みでボディを見せてくれた。

「80年の映画『海潮音』です。記憶喪失の女性を演じ、相手役の池部良のやさしい愛撫に、当時33歳の山口のボディは感じてしまったのでしょう。舐められて濡れたバストの先端が完全にピン勃ちしていたのが印象的でした」(前出・映画ライター)

 ワンシーンでもいいから「なつぞら」で現在の姿を見たかった。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
2
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?