芸能

指原莉乃VS小島瑠璃子 鎮火できないバラエティー「覇権争い」

「タレント番組出演本数ランキング」(日本モニター調べ)の19年上半期女性部門で6位(151本)に躍進した指原莉乃(26)と、10位(140本)から猛追を仕掛ける小島瑠璃子(25)。バラエティー界の覇権争いに勝利するのは‥‥。

〈ちゃんと話したのはほぼ初めてだったけど、仲良くなれて嬉しい〉

 7月13日、こんなコメントを添えて指原がツイッターにアップしたのは、小島との仲むつまじいツーショット写真だった。

「さっしーと親しいホリプロの取締役がセッティングした食事会で撮られたものです。意外にも、さっしーのほうから『こじるりと御飯に行きたい』とオファーを出したようなんです」

 芸能関係者は驚きを隠せない。

 それもそのはず、2人にはかねてから不仲説が飛び交っていたからだ。

「なにしろキャラが完全にかぶっていますからね。お互い、『どちらかが消える』と、大きな危機感を抱いていたと思いますよ。実際、指原は出演本数ランキングで小島が上位にいた頃からライバル心を剥き出しにしていましたから。指原がバラエティーで小島の話を振られて急に冷めた顔をしたり、有名タレントの『こじるり推し』を真顔でいさめたこともありました」(前出・芸能関係者)

 アイドル評論家の平田昇二氏が解説する。

「不仲と言われてきたのは、2人の芸能人生の歩み方が大きく異なるからかもしれません。こじるりは15歳でホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリに選ばれて華々しくデビュー。ホリプロは自社制作の番組も多いので、多くの出演機会に恵まれました。一方のさっしーは人気アイドルグループAKB48の研究生から始めて、同世代のライバルに揉まれながら下積み時代を過ごしたんです」(前出・平田氏)

 大手芸能事務所のプッシュもあって、エリート街道をひた走ってきた小島。対する指原は、自身の恋愛スキャンダルさえもアケスケに話す雑草魂でのし上がった。

「本来、同業の若い女優やタレントは人間関係がピリピリするものです。ここで言う『若い』というのは芸能界でのポジションが確立できていないという意味になりますが、バラエティーの女王として君臨する指原はこのレベルを超えているかもしれません。最近は、共演者や後輩にアドバイスを送る場面が増えたと聞きます。準レギュラーで出演する『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも失言で炎上した女性アナウンサーにアドバイスを求められていましたよね。そんな女王の余裕から、あえて不仲と噂されるこじるりに歩み寄ったのかもしれません」(前出・平田氏)

 そんな指原に負けじと、くだんの会食後の7月21日に選挙特番「池上彰の参院選ライブ」(テレビ東京系)で政治レポーターとしての実力を披露した小島。いっそのこと「バラエティー総選挙」で決着をつけてみては!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
剛力彩芽、「収入激減」報道でネット上は“ここぞとばかりの冷淡反応”だらけ!