芸能

坂口杏里、「月100万円保証」提示された“オイシイ仕事”の「ヤバい要素」!

 お金に困っているだけに間違いなく飛びついてくる!?

 YouTuberデビューを果たした坂口杏里にオイシすぎる仕事の案件が舞い込んできた。

 坂口に仕事のオファーを出しているのは炎上系YouTuberのシバター。シバターは一度、動画のネタのつもりで坂口にパチンコ・スロット関連の仕事をしないかと動画で誘っていたが、これに坂口がアンサー動画をアップして反応。坂口の返答としては「現時点ではやりたいことがいっぱいあるため、受けることができない」というものだった。

 しかし、坂口からまさか返答が来ると思っていなかったシバターは再度、坂口へのメッセージ動画をアップ。改めて、いかにパチンコ・スロットの営業がおいしい仕事なのかを説明し、破格の条件を提示している。

「シバターの方から坂口に直接仕事を振るという形で、仕事の内容をざっくり言えば、視聴者が楽しめるような自分の好きなジャンルの雑談(パチンコ関連じゃなくても大丈夫)をしながら、パチンコ・スロットを遊戯するというもの。芸能界復帰を目指す坂口としてはトークを鍛える場としても修行を積むにも持ってこいの場だが、さらに驚きなのがシバターからは『月100万円保証しよう!』と具体的な最低保証金額まで提示しているんです」(エンタメ誌ライター)

 この新展開にネット民たちからは「そこまで激務でもないっぽいし、坂口なら間違いなく受けるだろ」「単純な坂口だからガッツポーズしてるだろ!」「青汁王子の100万企画にも申し込んでるし、とにかくお金に困っているこの人なら食いつくな」など、坂口がシバターの誘いに乗っかると予想する声ばかりが目立っている。

「坂口といえば、“青汁王子”こと三崎優太氏が、自身のツイッターで行っている100万円を180名に現金で寄付するという企画に応募するなど、もうなりふり構わずお金を欲していました。三崎氏も坂口に対して《あなたみたいな日本を代表するクズには当選させてあげないといけません。元ホストとして歌舞伎町でシャンパンを入れて全部泡にかえてくれると幸いです》とツイートしたうえで、坂口を当選させ、坂口も、2人並んだ画像を投稿して報告して炎上していましたよね」(エンタメ誌ライター)

 ただ、それだけで、坂口にとってお金が十分というわけではなさそうだという。「というのも、そもそも、元交際相手の自宅マンションに無断で侵入した一件も、タクシー代を欲しての犯行でしたし、その前の警察沙汰もおカネ絡みですから、坂口には常に金欠のイメージがつきまといます。月100万円保証の仕事をおいしいと思わないわけがありませんよね。そもそも、YouTuberデビューも謝罪動画が再生回数を稼げたことで見切り発車でスタートしたことでしょうし、坂口であれば提案に乗ってくることでしょう。実際、現在アップしている動画はシバターをはじめ、自身のことを話題として出してくれた著名人に動画で反応したりと、他人ありきの動画ばかりで企画力には疑問符がつきます。トーク力もずば抜けた才能は今のところ感じられませんから、YouTuberとして生き残るのはかなり難しいでしょう。明確にやりたいことがないのであれば、シバターに乗っかってみるのもおもしろいのでは?」(前出・エンタメ誌ライター)

 かといって、シバターはなんでもありの炎上系YouTuber…ホストの次は人気YouTuberの玩具にされないように気を付けてほしいところだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
2
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
3
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
4
中居正広、有名芸能リポーターが動画で明かした退所会見「とっておき裏話」
5
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!