芸能

美人姉妹「色香アップ現場」をスッパ抜く(2)広瀬すず&アリスがバストとヒップを鍛え合い

 おやおや、広瀬姉妹は「美ボディ開発」でも切磋琢磨を繰り広げていた。事情を知る構成作家が打ち明ける。

「これまでバストとヒップの形、大きさにおいては『姉のアリスが数段上』と言われていましたが、すずが『なつぞら』の役作りで5キロも増量し、ムチムチボディを手に入れたことによって、今や現場で『おい、体はほとんど互角になったよ』と、周囲の評価が変わってきているんです」

 ところが、少しチヤホヤされたぐらいでは物足りないのがトップ女優・すずである。さらなる美尻を獲得しようと、すでに新たなプロジェクトまで始動させていたというではないか。

「姉妹は地元の静岡時代からブラジリアン柔術のジムに通うなど、格闘技好きで知られています。それが高じて、最近、すずは女性の間で人気を集めつつある『ムエタイフィットネス』に熱中しているんです。強烈なキックをサンドバッグに連発することで、美尻化が加速しています」(構成作家)

 時には対抗心をメラメラと燃やすのも深い姉妹愛の証し。負けじとアリスも、美ボディのために大金をつぎ込んでいた。

「アリスが通い詰めているのは『バスト増大マッサージ』と『美尻エステ』です。CMキャラを務めるエステ予約アプリをフル活用して、評判の名店を見つけていると、アリス本人が親しい女性スタッフに明かしていました」(構成作家)

 聞けば聞くほど、広瀬姉妹が自慢のフルボディを惜しげもなくさらし、磨き抜いた声、しぐさ、テクニックで「過激濡れ場」に挑む、体当たりの艶技が待たれる。芸能プロマネージャーはこう言う。

「所属事務所の方針からして、少なくともアリスは、以前から『セクシー路線を容認する売り出し戦術』を取っていましたから、機が熟した今こそ、遠からず具体化するでしょうね。すずの場合、これまでは清純派路線で売り出してきただけに、熱愛報道が出ただけで過剰に否定するばかりだった。とはいえ、スキャンダルを嫌う朝ドラとの兼ね合いもなくなる今後は、大女優へのステップアップとして、大胆なカラミにも期待したいですね」

 トップを走る美人姉妹に足りないのは、まさにSEXシーンだけなのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること