芸能

西野七瀬、タイプ男性が“統一感に難アリ”もファンは「勉強になった!」喝采

 必要な情報がそろってきたことでファンが目指す男性像も定まってきた!?

 元乃木坂46の西野七瀬が9月17日に放送されたバラエティ番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。好きな男性芸能人について明かしている。

 西野は同回で男性がネクタイを締める姿に艶っぽさを感じたことや、全身ハイブランドを身につけている男性が苦手など、ファンも気になる男性の好き嫌いについて触れていた。

 また、好きな男性芸能人については、現在放送中のNHK朝ドラ「なつぞら」にも出演中の染谷将太を挙げ、理由としては「落ち着いてそう」と話し、「お会いしたことないからわからないけど、空気感がいいなぁと思います」と説明していた。

 この西野の一連の発言にファンからは「なるほど、あのクールな空気感がいいのか」「なぁちゃんは絶妙なところをあげるな」「俺も染谷将太風に振る舞えるように頑張るわ」などといった声も見受けられ、西野の理想の男にできるだけ近付こうとするファンも多いようだ。

「クールかつ何を考えているのか読み取れないようなミステリアスな雰囲気を持つ染谷ですが、どちらかといえば、西野の雰囲気も染谷に近いものがあると思います。とりあえずはあまりパリピ系な男性には魅力を感じないということなのでしょう。ただ、染谷はぱっと見は男前といったタイプではないのもそうですし、ファンとしても染谷に顔面を似せることは無理ですが、空気感を近づけることはできますから、雰囲気だけでも真似てみようと思ったファンも多いようですね。ただ、西野の過去の好きな男性についての発言を掘り返すと、一般的にはそれほどイケメンでもない人気お笑いトリオのジェラードンのボケ担当・西本武徳の顔がタイプだと話したかと思えば、好きな男性のタイプに『(目が)二重じゃない人』を挙げ、共演者のゆきぽよが塩顔イケメンの代表系である向井理の名前を出すと、西野も『うん、カッコイイですね』と同意していたりと、いまいち好きな系統が統一されていない気もします。そこまで参考にするのではなく、『そんなことも言っていたな』ぐらいのテンションで心に留めておくぐらいのほうがいいと思います」(アイドル誌ライター)

 乃木坂を卒業した今、握手会などもないため、ファンが西野と交流できる機会は少ないが、数少ないそういったイベントで話すことがあれば、イチかバチかで染谷風な空気感を意識してみるのもいいかも?

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題