芸能

天才テリー伊藤対談「ダンディ坂野」(2)ダンディの軽さは芸人にはプラスだ

テリー 「ゲッツ!」で大ブレイクしたあと、仕事がなくなったのは、なんでなの。

坂野 俗に「一発屋」と呼ばれる芸人たちが、そのあとたくさん出てきたんですよ。レイザーラモンHGが腰を振って「フォー!」と叫んで大人気になったと思ったら、翌年にはヒロシ、その次が小島よしおと、新しい人が次々出てくると、みんなそっちばっかりになるんですよ。まず僕、はなわ、テツandトモが最初にテレビから消えました。

テリー 今でもみんなしっかり生き残っているけど、その時はどんな気持ちだったの。

坂野 正直あまりいい気分ではなく、嫌でしたね。たまに番組に呼ばれることがあると、その時ブレイクしている芸人と比較される役なんです。しかも、台本の最後には必ず「お前ら、人気があるのは今だけだからな! もうすぐ俺たちみたいになるからな!」というセリフが書いてあって。

テリー そういうオチに使われるのか、キツイね。

坂野 負け犬の遠ぼえみたいで言いたくないんですけど‥‥まあ、本当にそう思ってはいるんですが(笑)。

テリー 本音ではね。

坂野 で、しばらくしたらHGやヒロシ、小島よしおがこちら側に来て、今度は「お前ら、人気があるのは今だけだからな!」と言う立場になってからは、ずいぶん気持ちが楽になりましたね(笑)。今は小島よしおの仕切りで、年に何回かそんな一発屋たちが集まる飲み会をしています。

テリー その頃、仕事のスケジュールって、どんな感じだったの。

坂野 仕事がいちばん少ない時は、月の半分ぐらいがお休みでした。すごく忙しい時に結婚しましたから、奥さんは家にいたり一緒に出かけたりできて、「やっと落ち着いた」って喜んでいたみたいですけれど。

テリー とはいえ、収入がなくなると大変じゃない。その時ダンディは、「もっとウケる新ネタを考えなきゃ」とか思わなかったの。

坂野 それは当然、考えました。「もう少し漫談っぽくしてみようか」「1人でコントをやってみようか」なんて。でも、それはすごく大変なことなんですよ。だって若手の頃からこのスタイルでやっていたわけで、そのネタと並べられるレベルの、別の笑いをまた一からやり直さないといけないわけですから。

テリー それがウケるかどうかもわからないしなぁ。

坂野 すごく長い努力が必要になるけど、それをやらなきゃいけないのかな、と思っていたんですが、いざ営業に出てみると、やはりお客さんに求められるのは「ゲッツ!」「お久しブリーフ」なんですよ。だったらそのネタをさらに高めていけばいいんじゃないか、と考えを改めて、少ない営業の仕事でもブレイクしていた時以上に、手を抜かずに一生懸命やるということを始めましたね。

テリー そうなると、ネタの内容も変わってくるの。

坂野 はい。やっぱり仕事がない自虐ネタが多くなりまして、そのほうがお客さんに伝わりやすいですよね。とはいえ「車買ったんだよ。おかげで火の車だぜ」と言っても「なんちゃって」というムードで終わらせるのが、僕のキャラとしては大事なことで。

テリー ダンディの持つペーペー感というか、軽さがそうさせているところもあるよね。それを持っているのって、お笑い芸人としては得だよね。

坂野 そうですね、出川哲朗さんみたいなタイプというか。僕、出川さんをそういう意味で、昔からずっと尊敬しているんです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」