芸能

後藤真希「復帰説」を実弟に直撃

 懲役5年6カ月──後藤真希(27)というスーパーアイドルの弟であり、自身もタレント経験のある身で犯した罪はあまりに大きすぎた。出所したばかりの後藤祐樹(26)は、偽らざる胸中を語った。

「自分のせいで事務所も辞めることになって、内心は複雑な気持ちだったかもしれないのに、それでも姉はオレに何も言わなかった‥‥。感謝と、申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 かつて、ソニンと組んだ「EE JUMP」で人気を博したユウキが、姉である“ゴマキ”こと後藤真希へのわびを口にする。芸能人の犯罪史上で例のない「度重なる銅線泥棒」により川越少年刑務所に入れられ、昨年10月2日、仮釈放で出所したのだ。

 07年10月20日、逮捕時のユウキは19歳だった。2人の子を持つ父親の社会不在に加え、夫人のおなかには3人目の子供もいた。仲間とともに繰り返した10 件もの犯行は、あまりにも自覚に欠けた。

「まさしくそのとおりです。ただ、仲間たちと悪いことをやっているスリルの魅力に勝てなかったんですね」

 警察への出頭を決意した前日、ユウキは家族を前に罪を打ち明けた。父はユウキが幼い頃に男体山で転落死しており、母親と3人の姉に懺悔した。母と上の姉2人は激しい怒りを見せたが、最もダメージを受けるはずの真希だけは無言のままユウキを見つめていたという。

 やがて留置場から少年刑務所へと送られ、覚悟した以上に厳しい毎日が待ち受ける。

「留置場では何もやることがないから、一日中、悪いほうにばかり考えてキツかったですね。そして刑務所に入ったら、一部の人のいじめが待っていました」

 芸能人だったということもあり、目をつけられることも少なくない。作業中にカブト虫の幼虫が出てくると、これを無理やり口に入れさせられた。また、最後まで拒否して難は逃れたが、オナニーで放出した体液を乗せたごはんを食べさせられそうにもなった。

「一般社会ならイヤな人とは会わなければいいが、刑務所の中では24時間、逃げられない環境。ゴマをすったり、気持ちが休まるヒマがなかったですね」

 わずかな楽しみは入所2年目から始めた英語の勉強で、のちに英検3級も取得した。夜にはテレビを観る時間もあり、姉の歌う姿や、かつて交際した市井紗耶香の結婚などを知った。

 妻子や母親が面会に訪れるのは喜びだったが、ゴマキもアイドルの身でありながら3回も来てくれた。

「面会時間は15分しかないので、僕が一方的に話していました。所内の体育祭の徒競走で1番になったとか、今はこういう勉強をしているよとか。マキちゃんはいつも、そんな報告を『すごいじゃん!』って喜んでくれました」

 獄中で最も衝撃を受けたのは、母親が自宅の、しかもユウキの部屋から酔って転落死したこと。入所から3年目のことで、もちろん、葬儀に出ることはできない。本来なら長男である自分が喪主を務めるべきなのに、3人の姉に負担をかけたという点でも涙が止まらなかった。

 母親の死の翌年にはゴマキは芸能活動を休止し、そしてユウキは出所を迎える。一時は絶縁の危機もあったが、姉3人の待つ後藤家に住むことができた。

「帰ったその日は、マキちゃんが鍋の用意をしてくれたんです。刑務所というのは独特のルールがありましたから、好きなものを好きな時間に食べられる‥‥そんなささやかなことがうれしく感じましたね」

 出所時にはゴマキが芸能活動を休止中だったため、「AV転身説」もささやかれた。これを弟としてどう見ていたのか。

「もちろん、マキちゃんにそんな気はサラサラないし、何を書かれても気にしていない感じでしたね。ただ、実は僕のほうにもAVデビューの噂がネットで流れて、出所したら関係者がコンタクトを取ってきましたよ」

 興味がないと突っぱねるユウキの前に、大金を提示して口説いてきたという。まだ仮釈放中の身でAV出演などはありえないが、きちんとした仕事を早く再開したいという。

 そのために最大のネックになるであろう「首に入れた魚の入れ墨」は、亡き母との約束もあってレーザー消去するつもりだ。

 そして姉・後藤真希の「復帰」についても──、

「ゲームの企画でニコ生には出たみたいですが、周りでも気にしている人は多いので、またやる気になったらカムバックしてもいいと思います」

 後藤家の「第2章」が始まるのだろうか‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
5
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き