女子アナ

“ガチ嫌い”は安藤優子で決定!?/「女子アナランキング」考察(上)

A 「週刊ポスト」(10月18.25日号)で、「“好きな女子アナ”20、“嫌いな女子アナ”20」という記事が出ました。「好き」の1位は水卜麻美(日テレ)、「嫌い」の1位は田中みな実(フリー)という順当すぎる結果でしたが、一方で、加藤綾子や有働由美子、小川彩佳など、「好き」で上位のフリーアナが、「嫌い」でも上位に入ってくるという、新たな傾向が出てきたと分析されていましたね。

B まぁ、“うまいことやりやがって”というやっかみ票なんでしょうね。

C ただ、この手のランキングで注目すべきは、「好き」「嫌い」どちらか一方にしか入っていない女子アナですよ。特に「嫌い」にしか名前がない女子アナは、ガチで嫌われ者ということですからね。

A 両方に名前のある女子アナは、なんだかんだいって注目度が高く、人々の関心の中にあるということで、「嫌い」の票も人気のうちですからね。となると、「好き」に名前がなく「嫌い」で3位の安藤優子(フリー)が「ガチ嫌い」1位ということになりますね。最近の“老害”ぶりはひどいですからね。

C 「嫌い」6位で「好き」はランク外の滝クリもわかりやすい。小泉進次郎との“デキ婚”で一気にアンチを増やした、ということでしょう。

B 私が注目するのは、田中みな実と宇垣美里のランキング。ともにTBS出身で、田中の退社年に入社した宇垣は“ポスト田中みな実”として何かと比較され、この春から田中と同じくフリーの道を歩み出した。で、2人とも「好き」「嫌い」両方にランクインしているんですけど、どっちも田中のランキングが上なんです。

C キャリアの差もあるけど、キャラクター、話題作り、発信力ともに、田中はうまいし、相当、頑張っていますよね。新しいことに次々にチャレンジしていて、思ったほど鮮度が落ちていないんです。局アナ時代の嫌われっぷりがすごかったぶん、意外な一面が見えるたびに「お!」となる。

A 宇垣は、局アナ時代に、もっと嫌われておくべきでしたね。

〈座談会メンバー=A:女子アナウオッチャー・たなか是政氏、B:番組制作スタッフ、C:夕刊紙デスク〉

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!