芸能

西野七瀬、ファンが強烈嫉妬した「彼氏へのプレゼント」の“献身サービス”!

 これ以上ない最高の席でそのパフォーマンスを見守ることができるのが「未来の彼氏」の特権か!?

 西野七瀬が8日深夜に放送された「グータンヌーボ2(ヌーボヌーボ)」(カンテレ)に出演。バースデーソングについてトークを展開したが、思わず西野ファンが激しい羨望の念を抱いてしまう場面があったようだ。

 ポルノグラフィティのギタリストを夫に持つ長谷川京子に対して、滝沢カレンが「ハッピーバースデーソングは歌ってくれるんですか?」と質問すると、長谷川は「だって(夫は)歌うほうじゃないから。まあ近くに楽器があって、みんながハッピーバースデー歌ってたら弾いたりはするけど」と返答。すると、今度は田中みな実が「ななちゃんは歌を歌ってたこともあるじゃない?彼ができたら『歌ってあげようかな』って(思う)?」と、乃木坂46として活動していた西野七瀬に質問した。

 これに西野は食い気味に「いや、絶対イヤです」と一度は否定したものの、「『歌ってほしいな』って言われたら?」と再確認されると、「もともとある、歌ってた自分のソロ曲とかでいいなら、『いいよ』って言います」と、お願いされたらバースデーソングではなく、自身の持ち歌であれば歌ってあげると回答したのだ。

 さらに田中が「踊りは?」と追加オプションの有無を訊ねると、西野は「踊り!? 『昔やってたのならいいよ』って感じです。オリジナルではちょっと恥ずかし過ぎ。何年後かに振り返って、死にたくなっちゃいそう。なんであんなことしたんだろうって」と、こちらも乃木坂の楽曲の踊りであれば、応じるとのことだ。

 この話題に西野のファンからは「そんなの最高の誕生日プレゼントやないかい!」「自分のために歌って踊ってくれるなら、1000万まで出すな」「オレは『光合成希望』の歌唱を希望します」「あえてオリジナルのダンスを注文して恥ずかしがっている姿を見るのが一番のプレゼントになるだろうな」など、西野の未来の彼氏への嫉妬、そして妄想全開のコメントが入り乱れている。

「西野はこの番組がスタートしてからというもの、理想のデートの待ち合わせや行ってみたいデートスポットなどを明かし、これまでもファンを沸かせていましたね。例えば、デートスポットの話題では『1人でスーパー行った時とかにカップ麺のコーナーでカップルが指差してあーだこーだやってたんですよ。その風景というかそれを見て、すごくうらやましいなって思って』と、ごくごく一般的なカップルのやりとりを羨ましく感じたと話してもいました。そんな控えめな西野ですから、誕生日に彼氏のためとはいえ、そこまでサービス精神旺盛になるのは正直意外ですね。それも好きな人のためならということなのでしょうが、だからこそファンも嫉妬してしまうのでしょう」(アイドル誌ライター)

 オリジナルダンス披露は後々思い出して死にたくなると話した西野に、田中は「かわいいと思う。恋愛なんてそんなもんだよ。何年後振り返って恥ずかしい思い出ばっかりよ」とやたらと説得力がある返しをして、西野もうなずいていただけに覚悟を決めていたようにも見えた。

 なおさら、未来の彼氏がうらやましく思えてしまうところだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!