芸能

高岡早紀「魔性の求愛」私生活(2)スキンシップで男を籠落

 46歳にして魔性の匂いを発散し続ける高岡。ふだんは「母親モード」だが、大好きなアルコールを口にすると、とたんに色香モードにスイッチオンするという。これに勘違いする男たちがあとを絶たないのも無理はないだろう。ワイドショーデスクが語る。

「高岡が離婚するきっかけとなった布袋寅泰との一件でもバーでの密会の一部始終が報じられましたが、酔った高岡がしなだれかかってスキンシップをする決定的な瞬間まで撮影されて、その奔放さが明らかになった。でも、今もって彼女の飲み方が変わることはありません(笑)。男女を問わず楽しく飲むのがモットーで、ママ友との集まりではカラオケでストリップを披露したこともあるほど。男性相手では、好みのタイプなら強めのアルコールをぐっと飲み干し、そのまま長時間の語りに入るのがデートのパターン。しかも相手の年齢を問わず、タメ口になって恋愛話をするので、誰もがイチコロになるのです」

 ところが、高岡の魔性テクニックをしても唯一、及ばないのが、他ならぬ実業家だというのだ。

「彼女は保阪と離婚後に、不動産関係の実業家と事実婚状態になり長女を授かったものの、その後相手が失踪・逮捕された経験があり、金銭的にも安定したパートナーを求めている。13年には60代のアパレル関係者と、15年には年商250億円の外食産業『ダイヤモンドダイニング』の松村厚久社長との交際が発覚したことも。二人とも彼女のあけすけな性格もあってか、すぐにマスコミの知るところとなり、そのまま自然消滅してしまった。ただ、あくまで今も頼りになる実業家を探していますね」(ワイドショーデスク)

 その次なる作戦は「ジャズシンガー転向」だ。

「実は13年にヌードを公開した映画『モンスター』で主題歌を歌ったことで歌手活動を再開。今もアルバムをリリースしたり、ライブも定期的に開催しています。ここ数年、かなり細身のボディをキープするのもジャズを歌う時のドレスをきれいに着たいという一心からだとか。さらに、先輩女優の夏木マリがライブ共演で親しくなった斉藤ノブと結婚したことにも影響を受けている。いつもライブ会場で、観客を物色するような悩ましげな視線を投げかけているのも将来の伴侶探しかもしれません」(ベテラン芸能記者)

 公私にわたってオンナに磨きをかける高岡の求愛フェロモンに注目したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!