芸能

クロちゃんとの交際を“マジで考えます”告白美女に辛辣声が上がったワケ!

 バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)内で放送された、安田大サーカスのクロちゃんを軸に置いた恋愛企画「モンスターハウス」に出演したモデルの蘭が、10月1日に発売された写真週刊誌「FLASH」で“クロちゃん愛”を語っている。同誌ではクロちゃんのインタビュー記事が掲載されており、その中で「美女2人が語る『クロちゃん愛』」という囲み記事が設けられ、その美女の1人として蘭が登場。

「モンスターハウス」は男女6人がひとつ屋根の下で暮らすという某人気リアリティー番組のパロディー企画で、蘭は当初、クロちゃんのことを気持ち悪がっていたが、終わってみれば計3回もクロちゃんとキスをしている。

 そんな蘭だが、クロちゃんについては、第一印象は悪かったものの、「話をしてみると、意外とふつうの人だな、と。肌もきれいだし、体のフォルムもかわいらしくて、しゃべり方も柔らかいんです」と、クロちゃんの見方がガラッと変わったと話している。さらには、クロちゃんにウソつきイメージが定着していることについては「どんな男も嘘をつくじゃないですか。たまたまテレビで流されているだけで、ほかの人とそんなに変わらないと思います」と擁護。

 終いには、同企画以降クロちゃんとは一度も会ってはいないとしながらも「私は、人として、男として好きです。魅力的な人だし、そこらへんの男より、ずっとクロちゃんのほうがいいと思います。いつか私のところに戻ってきたら、けっこう、マジで考えます」と話している。

 これが本当であれば、クロちゃんはかなり脈アリということになるが、これに世間の人々からは「いやいや、だったら付き合ってあげろよ」「この企画に出ている時点で売名だろ」「クロちゃんも売名に使われて可哀想だな」「クロちゃんがその気になって連絡してきても無視するんでしょうね」など、かなり冷ややかな意見が集まっている。

「『モンスターハウス』の最終回でクロちゃんはタレントの莉音に告白するもフラれた後に蘭に告白。しかし、莉音にプレゼントしようと購入した指輪を流用したことも発覚し、蘭にフラれていました。蘭としてはクロちゃんが本気で自分に告白してくれたら前向きに考えるということですが、クロちゃんはきっとこのことを知ったら、蘭に告白するでしょう。それでも、蘭はなんだかんだでクロちゃんとは付き合わないだろうと見る人が大多数のようです。ちなみに以前からクロちゃんと親交があるアイドルの神崎紗衣も、1月放送の『恵比寿マスカッツ 真夜中のワイドショー』(AbemaTV)でクロちゃんに告白していましたが、テレビでの告白ということもあって、こちらもビジネスだと世間は判断しているようですね」(エンタメ誌ライター)

 蘭としてはあの企画で知名度を上げたため、それを利用しないわけはないだろうし、世間の気を引く発言は今後も続けていくことだろうが、あまりクロちゃんを弄ばないでほしいものだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す