芸能

元AKB48森川彩香、「授かり婚」発表もファンが心配する“不穏”ツイート!

 思い切りの良さが魅力なだけに心配なところ!?

 元AKB48の森川彩香が10月15日にSNSを更新し、かねてより交際していた一般男性と結婚および妊娠したことを発表した。

 森川は〈【ご報告】〉とのコメントとともに、手書きの文書をアップ。そこには〈この度、私、森川彩香は、かねてよりお付き合いさせていただいていた一般の方と入籍致しました。そして新しい命を授かりました〉と報告。続けて〈いつも応援してくださっている皆様には突然の報告になってしまい申し訳ありません。体調面を考えて、しばらく芸能活動をお休みさせていただく事になりました〉と、芸能活動を休止することも報告している。

 森川は10年にAKBに加入。約4年半在籍するも在籍期間中はAKB48グループ選抜総選挙でのランクインはなかったりと、そこまでの爪痕は残すことができなかったが、卒業後は主にグラビアで活躍。

「最近では6月に放送されたバラエティ番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の『元AKBだらけの運動会』企画に参加。最初の種目である50メートル走で意気込みを聞かれると『バラエティーあんまり興味なかったので…マネージャーに言われたので来ました』とあまり乗り気でない様子を見せ、いざレースがスタートすると、ただ一人、大きくコースを外れ、そのまま収録現場から逃走するという前代未聞のアクションを起こして、注目を集めました」(アイドル誌ライター)

 グラビアの内容も実は過激とあって、ファンからは「旦那がうらやましい」など、結婚相手をうらやましがる声が上がっている。

 その一方でちょっとしたことから今後の結婚生活を心配する声も見受けられている。

「ツイッターを見ると、森川は結婚報告ツイートの直前のツイートでは《あーイライラするから、やめて欲しい、、、》《遊んでないでやることやって、、、》とイライラ全開のツイートをしていました。これが何に関してイライラしているのかはわかりませんが、結婚報告直前のツイートとあって、夫に関してのツイートと予測する人が多いようです。ただでさえ、運動会から逃走するなど思い切りの良さがある森川ですから、子どもができたことでスパッと結婚を決断したのかもしれません。ただ、入籍後に不満が募ってきた、なんてことがなければいいのですが…」(エンタメ誌ライター)

 とにもかくにも妊娠中のストレスはお腹の赤ちゃんにとって好ましくないだけに、どうか穏やかに過ごしてほしいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声
2
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(1)成長しないクラブ遊びと女王癖
3
沢尻エリカ、「片瀬那奈とクラブ満喫動画」の影響で「あの商品」に注目殺到!?
4
沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!
5
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(2)ジャニタレ&山田孝之との“関係”