芸能

「ニッポンノワール」に期待される秘密兵器・菅田将暉がすでに賀来賢人とニアミス!?

 賀来賢人が警視庁捜査一課の刑事を演じるドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」(日本テレビ系)の第3話が10月27日に放送され、視聴率は前回から0.1ポイント減の6.4%に終わった。この数字は奇しくも、同じ日曜劇場の枠で4~9月に放送された「あなたの番です」の第2~3話とまったく同じだという。

「その『あなたの番です』は第10話までの“第一章”が平均視聴率7.0%と低迷。それが第二章では横浜流星の投入などが功を奏し、平均11.5%へと向上しました。ただこの手法は1クール(3カ月間)だけで終わる『ニッポンノワール』に応用することは難しく、即効性のあるカンフル剤が求められている状況です」(テレビ誌ライター)

 一方で「ニッポンノワール」では、今年1月期に平均視聴率11.5%をマークしたドラマ「3年A組」との関連性も話題を呼んでいる。舞台は「3年A組」の高校立てこもり事件から半年後に設定されており、捜査一課や半グレ集団といった登場人物にも共通点が多い。それゆえ視聴率のテコ入れに、人気のイケメン俳優を投入するのは確実だというのだ。

「ここはぜひ、『3年A組』で主人公の高校教師・柊一颯を演じた菅田将暉の登場に期待したいところ。『3年A組』を観た人なら、末期がんを抱えていた菅田が事件後も闘病生活を続け、1年後に亡くなったことを覚えているはず。つまり、事件の半年後という『ニッポンノワール』では、菅田がまだ生きていることになるのです。さすがに闘病中の菅田が現役刑事の賀来と一緒に大捕物を演じるのは無理だとしても、彼の頭脳が事件の解決に役立つという展開なら十分に期待できます」(前出・テレビ誌ライター)

 しかも、「ニッポンノワール」ではすでに、賀来と菅田がニアミスしていた可能性があるというのだ。テレビ誌ライターが続ける。

「第3話で賀来は“中央警察病院”で健康診断を受けていました。その場面にはライバル刑事の宮城(細田善彦)も健康診断に訪れており、二人が情報交換するものの、舞台が病院である必然性に乏しいのは否めません。しかし同じ病院に菅田が入院しているとしたら? 菅田は高校立てこもり事件の犯人ながら末期がん患者でもあるので、中央警察病院に入院していても不思議はないのです。しかも第3話では、捜査の鍵を握る公安部の刑事・才門要(井浦新)が、菅田の決めゼリフだった『レッツシンク』を口にする場面も。もしかしたら井浦はすでに、入院中の菅田に接触していた可能性もあり得ます」

 しかも菅田は現在、ドラマには出演しておらず、「ニッポンノワール」への出演にも障害はないはず。ここはぜひ、本作に柊一颯こと菅田が登場するのか、レッツシンクではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
3
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス