芸能

独占キャッチ!鈴木京香「大河俳優・長谷川博己との将来」(3)そろって独身貴族が「イチ抜け」

「8月に発表された、滝川クリステル(42)の電撃婚ですよ。実は、滝クリに柴咲コウ(38)を加えた3人は、プライベートでよく飲み歩く親友同士なんです。14年に動物愛護団体を設立した滝クリの活動に2人が共鳴してボランティアに協力するなどして親交を深めてきました」(芸能プロ幹部)

 3人は酒豪という点でも意気投合しているようだ。京香はクイクイ飲んでも乱れることなく明るい酒で有名。そんな京香の行きつけのジャズバーが岩手にあり、わざわざ東京から駆けつけるほどだ。

「最前列に陣取って、他のお客さんからスマホを向けられ撮影されても気にせず楽しんでいる。いつだったか、ジャズの演奏が始まった時、京香さんは立ち上がって手拍子するノリノリぶりでした。それで演奏者も興が乗ったのか、通常の演奏時間を大幅に超えて2時間もアドリブで続けたといいます。それだけの時間、最後まで立って聴いていたそうで、酒を飲んでも体力は衰えを知らないんですね」(地元関係者)

 このジャズバーには1人でフラッと行くこともあれば、滝クリを伴って来店することもたびたびとか。移動距離を考えれば、気心が知れた間柄であることは明らかだ。

「これまで3人の親友はそろって独身貴族を謳歌してきました。ところが、そこから滝クリが『イチ抜け』したんです。もとより結婚願望のあった京香も刺激され、今度こそは実現に向かって決意したともっぱらです」(芸能プロ幹部)

 あとはタイミングしだいであろう。京香の口から発表されるのだろうか。

 芸能ジャーナリストが言う。

「いや、京香のマスコミ嫌いは有名です。直撃されても目を合わせませんからね。それには原因があって、20年ほど前、堤真一との交際が発覚した際に、堤がマスコミに結婚するだのしないだのとベラベラしゃべったことがトラウマになっているようです。今回も、いくら問われても、実際に結婚するまでは貝になるでしょう」

 かつての長谷川は「9歳年下俳優」という文字ばかりが躍った。それが今や、20年1月からスタートするNHK「麒麟がくる」の「大河主演俳優」である。もはや格差婚などではなくなった。

「まさに今、長谷川は『麒麟がくる』の撮影真っただ中です。また、今年4月には建築史家の父親を亡くしていて、喪に服している。大河の撮影が一段落し、喪が明ける来年こそついに入籍との観測が濃厚です」(芸能ジャーナリスト)

 五十路の美人女優の「10年愛」が完結する日を待ちたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!