芸能

吉岡里帆、「時効警察」の“脱がない巨胸”は真木よう子の再来か!?

 吉岡里帆が三番手で出演しているドラマ「時効警察はじめました」(テレビ朝日)の視聴率が低迷している。第5話終了時点での平均視聴率は6.2%に留まっており、06年と07年の前2シリーズがいずれも2ケタ視聴率だったのに比べると、その凋落ぶりは明らか。世間では今シリーズから出演している吉岡を戦犯に挙げる声も少なくない。

 その一方でコアな男性視聴者からは、〈視聴率なんてどうでもいい、吉岡里帆さえ観られれば〉との声も挙がっているというのだ。そのワケについてテレビ誌ライターがささやく。

「吉岡と言えば胸、胸と言えば吉岡と言えるほど、彼女の武器はその女優らしからぬ巨胸にあるのは明らか。水着グラビアで活躍していた数年前に比べると肌見せは大幅に後退したものの、ドラマで垣間見せる隠し切れないふくらみは、吉岡目当ての男性視聴者を喜ばせています。11月15日放送の第5話では冒頭、スーツ姿の吉岡が机に突っ伏してスマホを見るシーンが。すると垂れ下がる巨胸に引き寄せられたのか、スーツの上からでもその横胸の形が露わとなっていたのです。セーターとハート型の髪飾りを身に着けたシーンでは《ダサ可愛い!》との声もあがっており、中でも注目は胸についた熊のアップリケを手でさする場面。みずから巨胸を誇示せんばかりの動きに、多くの男性視聴者が悶絶していました」

 そんな「低視聴率×巨胸」のコラボと言えば、17年7月期に平均視聴率4.5%と惨敗した真木よう子の主演ドラマを思い出せずにはいられないという。

「ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)は、一部のコアな男性視聴者にとって伝説的な作品となりました。なにしろ真木がタンクトップ姿で柔軟体操やジョギングをするたび、その推定Gカップバストがゆさゆさ揺れるといった艶シーンが満載。パーティードレスを着るシーンでは薄めの生地からロケットさながらに巨胸が凸るなど、下手なイメージビデオよりもはるかに実用的だと評判になったものです。さらに19年1月期の主演ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』(テレビ東京系)では、銀行員という固い役柄ながら、毎回のようにスーツの胸元が不自然に盛り上がり、着衣でも艶っぽいという新境地を開拓。そんな先駆者が切り拓いてくれた道をいま、吉岡も歩もうとしているのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 その真木は今年7月期のドラマ「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)にてついに、ヒロイン役として平均10.9%の高視聴率に貢献。それゆえ吉岡も現在の「着ているけど艶っぽい」路線を貫き通していけば、高視聴率ドラマに巡り合うことができるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論