芸能

吉岡里帆、「時効警察」の“脱がない巨胸”は真木よう子の再来か!?

 吉岡里帆が三番手で出演しているドラマ「時効警察はじめました」(テレビ朝日)の視聴率が低迷している。第5話終了時点での平均視聴率は6.2%に留まっており、06年と07年の前2シリーズがいずれも2ケタ視聴率だったのに比べると、その凋落ぶりは明らか。世間では今シリーズから出演している吉岡を戦犯に挙げる声も少なくない。

 その一方でコアな男性視聴者からは、〈視聴率なんてどうでもいい、吉岡里帆さえ観られれば〉との声も挙がっているというのだ。そのワケについてテレビ誌ライターがささやく。

「吉岡と言えば胸、胸と言えば吉岡と言えるほど、彼女の武器はその女優らしからぬ巨胸にあるのは明らか。水着グラビアで活躍していた数年前に比べると肌見せは大幅に後退したものの、ドラマで垣間見せる隠し切れないふくらみは、吉岡目当ての男性視聴者を喜ばせています。11月15日放送の第5話では冒頭、スーツ姿の吉岡が机に突っ伏してスマホを見るシーンが。すると垂れ下がる巨胸に引き寄せられたのか、スーツの上からでもその横胸の形が露わとなっていたのです。セーターとハート型の髪飾りを身に着けたシーンでは《ダサ可愛い!》との声もあがっており、中でも注目は胸についた熊のアップリケを手でさする場面。みずから巨胸を誇示せんばかりの動きに、多くの男性視聴者が悶絶していました」

 そんな「低視聴率×巨胸」のコラボと言えば、17年7月期に平均視聴率4.5%と惨敗した真木よう子の主演ドラマを思い出せずにはいられないという。

「ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)は、一部のコアな男性視聴者にとって伝説的な作品となりました。なにしろ真木がタンクトップ姿で柔軟体操やジョギングをするたび、その推定Gカップバストがゆさゆさ揺れるといった艶シーンが満載。パーティードレスを着るシーンでは薄めの生地からロケットさながらに巨胸が凸るなど、下手なイメージビデオよりもはるかに実用的だと評判になったものです。さらに19年1月期の主演ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』(テレビ東京系)では、銀行員という固い役柄ながら、毎回のようにスーツの胸元が不自然に盛り上がり、着衣でも艶っぽいという新境地を開拓。そんな先駆者が切り拓いてくれた道をいま、吉岡も歩もうとしているのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 その真木は今年7月期のドラマ「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)にてついに、ヒロイン役として平均10.9%の高視聴率に貢献。それゆえ吉岡も現在の「着ているけど艶っぽい」路線を貫き通していけば、高視聴率ドラマに巡り合うことができるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発