芸能

芸能プロ、旧態依然な“暗部”を暴く!(4)有名俳優もハマった出張ホスト詐欺

 明日のスターを夢見てその門を叩く人々を食い物にする、悪質な芸能プロの実態を暴くシリーズ。これまで女性が犠牲となるケースを紹介してきたが、もちろん、スターを夢見る男性もターゲットとなるようだ。

「現在、主演女優にも起用されるまで成長したAが所属する中堅プロダクションX社は、発足当時、大手プロへの上納金が払えずに“出張ホスト詐欺”に手を染めていたのは、実は有名な話ですよ」

 とは、大手プロの幹部である。

“出張ホスト詐欺”とは、金持ちのスポンサー女性を接待することで一夜にして十数万円が稼げるとして、事務所が芸能志望の男性から高額の登録料を詐取するもの。実際に女性が紹介されて面会を果たすことはできますが、接待中に女性が怒り出すのがよくあるパターン。結果、男性は稼げるどころか、迷惑料や損害賠償を請求されてしまううえに、もちろん登録料も返ってこない。

 挽回のチャンスが与えられることもあるが、その際にはさらなる紹介料を請求されるなど、気づけば何度もカネをむしり取られている─そんな手口だ。

「Z社はオーディションで集まってきた若者に、“後ろ盾がないと、この世界はやっていけない”と、“セレブ女性相手の出張ホストのバイトを紹介するよ。性の相手をしてやればいいだけだ”と、多くの若者を、この詐欺にハメ込んでいたんですよ。Z社の所属タレントで筋肉俳優のBの売り出し資金は、この出張ホスト詐欺で稼いだカネだったと言われています」(前出・大手プロ幹部)

 この使い古された手口が、最近、また復活して多くの被害者を生んでいるというのだ。

「実は、風営法の取り締まりが厳しくなり、現在、店舗のホストクラブは苦戦を強いられており、実力のあるホストと金持ち女性は、風営法の縛りの外にある出張ホストへと流れているんです。さすがにZ社はもうやっていないと思いますが、現在も、芸能プロを隠れ蓑に、この出張ホスト詐欺で荒稼ぎしているところもあるんです」(フリーライター)

 あのイケメン俳優も、同じ目に遭っているかもしれない。    (露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか