芸能

宇崎竜童「阿木の詞で作曲に困ったのは“港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ”1曲だけ」

 どんな世界でも、その道で名を成し、大きな功績を残すことは並大抵のことではない。彼らの華々しい成果と、その道程での活力は、手を携えた無二のパートナーや時にはライバル同士によって、倍加した力でもたらされるのだ。人はその得がたい縁を「ゴールデンコンビ」と呼ぶ!

 宇崎竜童がダウン・タウン・ブギウギ・バンドでデビューして今年で40周年。しかし、作詞家・阿木燿子とのつきあいはそれよりも長い。山口百恵をはじめ、さまざまな歌い手に楽曲を提供し、大ヒットさせてきた2人のコンビ誕生秘話を聞いた。

──作詞家としての阿木さんを見いだしたのは宇崎さんですよね?

「そんなに大げさなもんじゃないけど(笑)。阿木と僕は同じ大学の音楽サークルにいたんですね。で、僕はアマチュアバンドをやっていて、すでに350ぐらいの曲があった。最初は自分で作詞もしていたんですが、ある時、ついに書くことがなくて困ってしまった。それで周りの連中に『作詞しないか?』と手当たりしだいに声をかけまくったんです。それこそ阿木の家族にも頼んで書いてもらいましたから(笑)」

──上がってきた阿木さんの詞は?

「やっぱり、最初からおもしろかったですよ。今でも言ってますが、ラブソングを書く時に愛してると書いたら終わりだと。大事なのはそれを書かずにどう伝えるか。その意識が最初からあったのは才能かなと思いますね」

 中でも印象深い歌詞は、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドを一躍有名にした「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」。それはチラシの裏に鉛筆で書かれていたという。2人はすでに夫婦となっていた。

「家に帰ったらコタツの上にポンと置いてあるんですよ。で、見たらあの詞でしょ。何じゃこりゃと(笑)。どうすれば歌になるのか、いちばん悩んだのがあの曲ですね。結局、トーキング・ブルースってジャンルが洋楽にあって、それをヒントに、そのまましゃべるスタイルにしました」

──基本的には阿木さんが先に詞を書き、それに宇崎さんが曲をつける?

「ここ10年は逆になりましたけど、それまではずっとそうですね」

──であれば、曲をつけにくいから詞を変えてくれと言うこともできますが。

「ああ、でも、それは言ったことがないですね。というのも、阿木の詞で作曲に困ったのはこの1曲だけなんです。他の詞は、見た瞬間こそ『こんなことをテーマにしたのか?と途方に暮れかかるんですが(笑)、じっと見てると、なぜか音符が浮かんでくる。それは阿木の詞を見た時にだけ起こる感覚。他の作詞家の詞では一度も経験がないですね」

──山口百恵さんに提供した曲も?

「ただ、百恵さんの楽曲は“山口百恵”という逸材がいてこそ誕生した曲だという気がします。当時は次のシングルに向けて、2~3カ月に一度ぐらい、向こうのスタッフとアイデアを出し合う会議があったのかな。で、その場でイケそうなテーマやフレーズがあれば『じゃあ、いつまでに書いてきてくれ』と発注を受けるような形だったんです。こっちもかなりおもしろがって作っていたし、変化球も投げましたが、百恵さんはどれもみごとに次々と打ち返してきた。まさに天才ですよね」

──百恵さんに曲を提供するプレッシャーは?

「ありましたよ。でも、それより阿木からのプレッシャーのほうが厳しい(笑)。ずっと一緒にやっているからこそ、僕の癖を全て把握しているし、『前と同じ曲を作るなよ』と無言で圧力をかけてきますから」

──ケンカになりません?

「なりませんよ。全ておっしゃるとおりですと(笑)。でも、そうやって常に新しいものを求められるから、阿木とはまだまだ仕事ができる。あと2000曲はイケるんじゃないかな」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
4
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然
5
ツッコミに激怒した?霜降り明星・粗品、新春生放送でベテラン芸人と一触即発!