スポーツ

プロ野球セ・パ交流戦遺恨バトル(2)巨人に怒り心頭の星野監督

 巨人に対しては、楽天・星野仙一監督(66)も敵対心を燃やしているという。きっかけは助っ人外国人の「仁義なき争奪戦」である。

「昨年12月、巨人と入団合意寸前と言われたマギー(30)を逆転で楽天が獲得しました。実はその前年に遡ると、楽天が狙っていたマシソン(29)が巨人と契約したのですが、星野監督は担当記者らに対するオフレコ発言で、『巨人はやりすぎや。あれじゃ日本がなめられる!』と、相場以上の札束攻勢で巨人に軍配が上がったことを示唆して激怒していた。マギーに関してはマネーゲームではなく、出場機会の問題で楽天入りが決まったようですが、巨人にしてもマギーを獲得できなかったおかげで獲ったロペス(29)が結果を出している。因縁対決では打ち合いに期待したいです」(前出・スポーツ紙デスク)

 ちなみに楽天には、昨オフに巨人からトレードされた金刃憲人(29)もおり、古巣との対戦を待ちわびているという。

「巨人時代について聞かれると、『いくら調子がよくても上でケガ人でも出ないかぎりチャンスをもらえないし、年がたつほどチャンスはなくなるので、どんなに体調が悪くても無理してやっていました』と常勝チーム時代の苦い思い出を振り返っていました。そして、期待してくれている『星野監督の気持ちに応えたい』と、リベンジを誓っていますね」(楽天関係者)

 その思いは、やはり昨オフに巨人からトレードでオリックスに放出された東野峻(26)も同様だろう。

 ところが、「自分を出したことを後悔させたい」と口にするほどの気合いが空回りしたのか、今季は4試合に先発して1勝2敗、防御率7.46(5月17日現在、以下同)と低迷し、交流戦を前にファーム落ちしてしまった。

 その一方で、東野と同時に巨人からオリックスにトレードされた山本和作(26)が、5月9日のソフトバンク戦でサヨナラ打を放つなど、打率3割2分1厘とブレイクしているのだ。

「山本は巨人に育成枠で入団した5年目の野手ですが、実は巨人は山口、松本以降は伸び悩んでいた育成枠入団選手たちの整理に入っていたんです。山本もくすぶりかけていましたが、11年に巨人の二軍でコーチを務めていたオリックス・森脇浩司監督(52)は、山本の可能性を見抜いていた。そして積極的にトレードで獲得に動いたんです」(巨人関係者)

「育成の巨人」が、育成しそこねた選手に借りを返されるのは皮肉としか言いようがない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは