芸能

乃木坂46山下美月、相手の唇をパックリ咥える“キス顔”に視聴者悶絶!

 乃木坂46の山下美月と言えば、来年1月21日に待望の1stソロ写真集を出す美形メンバー。男性の心をくすぐる小悪魔系の魅力を持つことから“山下プロ”との異名を持つ彼女が、その艶気あふれる唇で視聴者を大興奮させたという。

 12月3日深夜に放送された「ウチのガヤがスミマセン!」(日本テレビ系)では、ゲスト出演の乃木坂46が料理対決などに挑戦。そのなかで山下が披露した悶絶ものの艶シーンを、アイドル誌ライターが興奮気味に振り返る。

「山下が秋元真夏とともに挑んだのは『禁断の大人キスレッスン』。キスに興味があるという二人に、お笑いコンビ『紅しょうが』の熊元プロレスが二種類のキスを伝授しました。ここで熊元が取り出したのは折り紙で作った“パクパク”。これを相手の唇に見立てて、キスを実戦練習したのです」

 最初に熊元が実演してみせたのは、相手の上唇と下唇を交互にキスする「バインドキス」。そのお手本を見た山下は、いかにも慣れない様子でパクパクに唇を近づけてみせたのだが…。

「ここでは山下の横顔が画面いっぱいに広がり、唇代わりのパクパクをその美リップで咥えにいく一連の動きが余すことなく映し出されたのです。いかにも汚れを知らなそうな山下の唇が、恥ずかしそうに相手の上唇を軽くついばみ、次いで下唇にキス。《ぷちゅっ、むにゅっ》という艶やかな擬音が聞こえてきそうな柔らかな疑似キスには、日本全国で録画をコマ送りで味わう視聴者が続出したに違いありません」(前出・アイドル誌ライター)

 続いて山下は、相手の唇をまるごと覆いつくして吸い尽くす「エアークリーニングキス」に挑戦だ。並みのアイドルなら恥ずかしがるそぶりでまともなキス顔さえつくらなそうなものだが、山下は果たして…?

「ここでも山下は、あの訴えるような目線のまま、パクパクをぱくっと咥えて吸い上げたのです。この場面はまさに悶絶もので、キュン死確実のキス顔が続出した今回の『ウチガヤ』は、まさに永久保存版だったと言えるでしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 1月発売の写真集にはこれらのキス顔を上回る衝撃カットが載っているのか。ファンの胸は期待で膨らみまくっているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
2
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
3
女子アナ「仁義なき契約更改」(1)NHK・桑子真帆は「NHKの顔」に返り咲き
4
太川陽介は「バス旅Z」を観ていない!?衝撃発言の理由
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)