芸能

俺が囲いたい「新・国民的不貞相手」総選挙(2)深キョンこそバイアグラだ

「このトップ3を凌ぐ潜在力」と、芸能レポーターの城下尊之氏が猛烈プッシュするのは、実業家・前澤友作氏との破局が明らかになった剛力彩芽(27)=5位=だ。

「男に金を使わせることには慣れているので、適性は十分でしょう」だそうで、芸能界で生き残るためには清純派路線と決別し、一気に艶っぽい路線に切り替えるしかないとも断言する。鎖骨まで見せる大胆な肌見せでいきなり艶っぽトークを始めたら、男性は大喜びするはずだとも指摘。しかし不貞相手になるにはもう一つ条件があるといい、「背中まで伸びた黒髪をたくし上げるうなじのイメージが必要です。再ブレイクするために、まずは髪を伸ばすことから始めるべき」だと話す。

 他にも熱烈なラブコールを集めたのが、10位の筧美和子(25)である。

〈肉感的な体つきが魅力だ。いつまでもしっとり濡れていそうで抱き心地は抜群だろう〉(石川県・66歳)

 やはり、しっぽり不貞相手との生活を送るうえで、爆胸は最強の武器になりそうだ。

「壇蜜、橋本マナミはともに若い頃は鳴かず飛ばずで、アラサーまで無名だった。それでも大胆な脱ぎっぷりが評判を呼び、映画やドラマで大人気に」なったと指摘する、コラムニストの尾谷幸憲氏によれば、純粋な意味で、次に新国民的不貞相手のポストに来るのは、「16位の森咲智美(27)、18位の園都(27)などになるのでは」という。

 日の当たらないところから一気にまくってくるのが不貞相手だけに、下位からでも一発逆転がありそうだ。 

  続いて、30代の火遊び枠へ移ると、トップ当選は深田恭子。

〈ラブドールのような永遠の若さを持つ深キョンとコスプレでの夜の営みを楽しみたい〉(山形県・60歳)

 石原さとみは惜しくも次点となったが、

〈ポッテリとしたタラコ唇が魅力だが、年齢とともに妖艶さが出てきた。一緒に酒を飲んで和装のうなじを眺めたい〉(佐賀県・65歳)

 僅差でトップを死守した深キョンを支持するのは、尾谷氏だが、彼女が、もし国民の不貞相手になれば、「死ぬ気で働こうと奮い立つ男が増えるのは確実でしょう。つまり深キョンこそが国民のバイアグラだとも言えます」と話す。

 これに対し、城下氏は、「深田恭子は明るすぎます」として不貞相手なら、「もっとウエッティーでないと」と指摘。「その点、石原さとみなら、すでにポッテリ唇も長い髪」もあって、色香はたっぷりで、すぐに“不貞相手”路線で行けると話した。

 この2強に食らいついたのが、昨年三十路入りしたばかりのガッキーこと新垣結衣だ。

〈目が濡れてウルウルしている。いつでも受け入れOKな感じがいい〉(兵庫県・67歳)

 トップ3に入らずとも、この枠には生きのよさそうな美女がひしめいている。

ただ、4位の田中みな実には従わされてしまいそうだと指摘するのは尾谷氏で、不貞相手には「無理なら私はいいの」という奥ゆかしさも必要だと話す。

「むしろ5位・倉科カナを推したい。休日は外出せず、夜な夜な部屋の中で写経にいそしんでいるそうです。結婚はしばらくないのかも」(尾谷氏)

 持ち前の巨胸も、不貞相手稼業に手を挙げないのであれば宝の持ち腐れだ。 以下、三十路火遊び枠の6位~20位は次の通り。6位・夏目三久(35)、7位・中村アン(32)、8位・沢尻エリカ(33)、9位・吉高由里子(31)、10位・菜々緒(31)、11位・磯山さやか(36)、12位・皆藤愛子(35)、13位・戸田恵梨香(31)、14位・真木よう子(37)、15位・中村静香(31)、16位・夏菜(30)、17位・尾野真千子(38)、18位・松本まりか(35)、19位・鈴木ちなみ(30)、20位・泉里香(31)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題