スポーツ

渋野日向子「五輪出場で金メダル」を狙う「家族タッグ」

 令和元年の女子ゴルフ界は、日本人で42年ぶりに海外メジャーを制覇した女子プロゴルファーの渋野日向子(21)を中心に回った。20年は「東京五輪で金メダル」を掲げたしぶこだったが、意外なウイークポイントも露呈する形となった。スポーツ紙記者が振り返る。

「19年8月、全英女子オープン優勝後に凱旋帰国すると、その後も国内ツアーで活躍。しぶこフィーバーは衰えるどころか、どこに行ってもサイン攻めでしたからね。精神的に重荷になっているのが明らかでした。食事をするにも人目を避ける個室を探していたし、大好きなお菓子を買いにコンビニに行くこともなくなっていましたからね」

 周囲からは、どう見てもホームシックだと言われてもいたしぶこだが、9月になって地元の岡山に戻っても、大好きだった気晴らしのドライブを控えるほどだった。ところが、シーズン終盤になると、持ち前の「しぶこスマイル」が全開するほどにまで復活。最終戦での猛チャージも記憶に新しい。彼女にいったい何が起きたのか。ゴルフライターが明かす。

「実は彼女のお姉さんが、しぶこのマネージャーに就任したのです。国立大を卒業して公務員をしていた才媛ですが、あっさりその地位を捨てて、ツアーにも帯同しています。マネージメント会社とも契約しているので、ダブル・マネージャー体制って感じですね」

 いわば、しぶこのスランプ危機を救ったのが、ほかならぬ姉の存在だったというのだ。

「渋野はお姉さんのことを『優しいし、頭いいし、何でも相談できる』と信頼を寄せているので、取材現場でも笑顔が絶えませんね。お姉さんもアイドル好きで気さくな人柄なので、すっかりしぶこ番の記者たちと打ち解けて、プレーに集中できる環境にあります」(ゴルフライター)

 しぶこに限らず、黄金世代の選手は周囲を身内で固めるケースが少なくない。

「成人式を迎えたばかりの黄金世代の多くは、母親がマネージャーのように付き添っている。畑岡奈紗も勝みなみも小祝さくらも、二人三脚で戦っている。渋野家は高校生の妹もいるので、お姉さんが代役を買って出たようです。まだ個人事務所の設立は発表されていませんが、お姉さんが代表を務めることもありそうです」(ゴルフライター)

 スマイル姉妹が東京五輪メダルを狙う。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」