芸能

バス旅がついにフィナーレ!「最後は本当のバス旅が見たかった」の不満が

 太川陽介と蛭子能収がローカル路線バスを乗り継いで目的地を目指す「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が、12月25日放送の「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)で最終回を迎えた。2人は17年1月の第25弾で引退したが、旅バラがスタートすると復活。だが、蛭子が高齢になり体力的にきつくなったことから、2度目の引退となった。

 最終回はマドンナが3人も登場し、フィナーレに華を添えた。だが、バス旅ファンからは最終回に批判的な意見が上がっている。

「以前のバス旅は2泊3日で行われていました。それが旅バラになってからは1泊2日に短縮。旅が短くてつまらないという声が上がっていました。最終回も1泊2日。蛭子の体力を考慮して1泊2日になったそうです。でも最後ぐらい2泊3日にしてほしかったという意見が出ているんです」(テレビ誌ライター)

 ネットには「本当のバス旅が見たかったのに」「あっさりした旅で残念」という声も出ている。

 またマドンナの人選にも疑問の声が上がっている。今回は過去に登場したマドンナが3人も登場。蛭子がもう一度旅をしたいマドンナを選んだという。選ばれたのは加藤紀子、さとう珠緒、熊切あさ美の3人だった。

「まったく意外性のないメンバーですね(笑)。ファンなら簡単に予想できます。それならば、もっと別の人を選んでほしかった。別の人とは、ズバリ、マルシアです」(前出・テレビ誌ライター)

 第19弾で登場したマルシアは、わがままし放題。蛭子以上の“クズ言動”を繰り返し、太川に「注意してほしい」と蛭子がお願いするほどだった。マルシアが出れば、蛭子が困る様子が見られたに違いない。

 これにて12年にわたって続いたバス旅も終了。蛭子能収と太川陽介にはお疲れ様の声が寄せられている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声