芸能

吉高由里子の「知らなくていいコト」をスクープ(1)「袋とじ」もノリノリで破いて

 1月8日にスタートした連ドラで、吉高由里子が週刊誌記者の役に挑んでいる。ふだんの追われる側から追う側へとシフトしたようだが、彼女に似合うのはやはり追われる立場だ。アサ芸が照準を合わせて地を這う取材を敢行したところ、ドラマタイトル同様のレアなスクープが次々と上がってきた。

 吉高由里子(31)が週刊誌記者を演じるのは、日本テレビ系ドラマ「知らなくていいコト」。出版社が発行する「週刊イースト」の特集班として連日連夜、政界の汚職から芸能人のスキャンダルまでスクープ獲得に励んでいる。物語が進むにつれ、母の最期のひと言によって、記者である自身も「知らなくていいコト」に直面していくのである。

 ちなみに同ドラマのキャッチコピーには「信じられないスクープは、私自身のことでした。」とある。まさにアサ芸の追及を誘っているようではないか。ならばエールを送るべく、ドラマでの吉高よろしく、彼女自身に関する最新動向を関係各所から徹底取材しよう。

 まずは日テレ関係者がささやいた。

「今作の現場で、彼女は週刊誌に掲載されているヌードグラビアに大興奮しているともっぱらなんです。収録に際し、吉高は実際に刊行されている週刊誌を資料としてスタッフからもらっているんですが、それだけでは飽き足らず、みずからコンビニで何冊も購入してる。現場に持ち込んで隅から隅まで読み込んでいるんです」

 なんとも感心、女優の鑑ではないか──。いや、仕事のためだけに広げているわけではないようだ。

「現場の待ち時間に『おっぱいでっか!』『このお尻触りたい!』などと声に出しながら、週刊誌のヌードグラビアを凝視しているんですよ。周囲のスタッフに対しても『これ、エロすぎじゃないですか?』と躊躇なく、間髪入れずにヌード写真を見せてくる。袋とじもノリノリで破いて開けていますね」(日テレ関係者)

 ヌードグラビア好きが高じて、さらに違う方向にまで話題を展開させていったという。

「『ヌードモデル募集』の告知に、『私も応募してみようかな』なんて真顔で言っているんですよ。周囲のスタッフとしては、彼女が映画『蛇にピアス』(ギャガ)で乳房を剥き出しにして生々しいセックスシーンを演じていたことを知っているだけに、よけいに想像力が高まってしまい、どう反応していいかわからずドギマギしているんですよ」(日テレ関係者)

 妄想をかきたてる構成力があるとは、週刊誌記者の素質があると言わざるをえない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!
2
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
3
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
4
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?