芸能

吉高由里子の「知らなくていいコト」をスクープ(1)「袋とじ」もノリノリで破いて

 1月8日にスタートした連ドラで、吉高由里子が週刊誌記者の役に挑んでいる。ふだんの追われる側から追う側へとシフトしたようだが、彼女に似合うのはやはり追われる立場だ。アサ芸が照準を合わせて地を這う取材を敢行したところ、ドラマタイトル同様のレアなスクープが次々と上がってきた。

 吉高由里子(31)が週刊誌記者を演じるのは、日本テレビ系ドラマ「知らなくていいコト」。出版社が発行する「週刊イースト」の特集班として連日連夜、政界の汚職から芸能人のスキャンダルまでスクープ獲得に励んでいる。物語が進むにつれ、母の最期のひと言によって、記者である自身も「知らなくていいコト」に直面していくのである。

 ちなみに同ドラマのキャッチコピーには「信じられないスクープは、私自身のことでした。」とある。まさにアサ芸の追及を誘っているようではないか。ならばエールを送るべく、ドラマでの吉高よろしく、彼女自身に関する最新動向を関係各所から徹底取材しよう。

 まずは日テレ関係者がささやいた。

「今作の現場で、彼女は週刊誌に掲載されているヌードグラビアに大興奮しているともっぱらなんです。収録に際し、吉高は実際に刊行されている週刊誌を資料としてスタッフからもらっているんですが、それだけでは飽き足らず、みずからコンビニで何冊も購入してる。現場に持ち込んで隅から隅まで読み込んでいるんです」

 なんとも感心、女優の鑑ではないか──。いや、仕事のためだけに広げているわけではないようだ。

「現場の待ち時間に『おっぱいでっか!』『このお尻触りたい!』などと声に出しながら、週刊誌のヌードグラビアを凝視しているんですよ。周囲のスタッフに対しても『これ、エロすぎじゃないですか?』と躊躇なく、間髪入れずにヌード写真を見せてくる。袋とじもノリノリで破いて開けていますね」(日テレ関係者)

 ヌードグラビア好きが高じて、さらに違う方向にまで話題を展開させていったという。

「『ヌードモデル募集』の告知に、『私も応募してみようかな』なんて真顔で言っているんですよ。周囲のスタッフとしては、彼女が映画『蛇にピアス』(ギャガ)で乳房を剥き出しにして生々しいセックスシーンを演じていたことを知っているだけに、よけいに想像力が高まってしまい、どう反応していいかわからずドギマギしているんですよ」(日テレ関係者)

 妄想をかきたてる構成力があるとは、週刊誌記者の素質があると言わざるをえない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
5
ドラマ美女「緊急痴態宣言」が発令中(1)綾瀬はるかが「パイ返し」