芸能

「今や話題は泥酔行状ばかり」はんにゃ金田、肝心のネタは枯渇寸前!?

 お笑いコンビ・はんにゃの金田哲がなりすましメールにまんまとだまされていたことが判明。そのうえ相方の川島章良も別ルートでなりすましメールに引っかかっていたというから、2人そろってピュアすぎると言うか何と言うか…。もっともこのネタ、随分と古いらしく、他にネタないの?と世間からアキレられているようだ。

 コトの発端は、金田がゲスト出演した1月7日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBS)でのこと。小沢一敬が「金田からいきなり篠田麻里子の連絡先を聞かれた」という話をフリに始まった。

「金田には《突然すみません。実は私、あるプロダクションのマネージメントをやってる者なんですが、ウチのタレントがあなたにちょっと相談したいことがあるんです》と相談を持ち掛けるアドレスだけの長文メールが届いたそうです。仕事相手と勘違いした金田が《ボクで良ければお話聞ければ》と返したら、すぐに《私はやりとりをここでしてる時点で上のほうにニラまれたら終わりなんで、本人とやり取りをしてください》という返信が舞い込んだとか」(芸能ライター)

 そこで金田が、あるサイトに飛ぶように指示され、そこに飛ぶと、AKB48の篠田麻里子を名乗る女性から助けを求める文面が送られてきたという。

「国民的アイドルのSOSに、疑ってかかることを忘れた金田は指示される通りにコンビニに駆け込み、銀行振り込みをしてしまった。口止めをされたものの、その後直接連絡を取りたくなった金田は小沢に相談。そこで初めて詐欺に気づいたそうです。そして同じ頃、川島もAKB48の前田敦子のなりすましメールにしっかりダマされていて、金田は3000円、川島は40000円もつぎこんでおり、芸人仲間からは散々笑いものにされたということですよ」(前出・芸能ライター)

 確かに、AKB48が飛ぶ鳥を落とす人気の頃、なりすましメールでの詐欺が頻発。社会問題になった。

「一般人だけでなく、芸能人も標的になり、世間ずれしてない芸能人が次々ひっかかったんです。芸能人専用を装ったサイトに誘導されたり、誰にもしゃべらないよう何度も口止めされたり、人助けをしていると錯覚させたりとなかなか手の込んだやり口。でも、普通なら、『銀行振り込み』の話が出た時点で怪しいと気づくところ。よほど動転していたのか、人気者に身の上相談を持ち掛けられて舞い上がってしまったのか、人を疑うことを知らない性格を狙い撃ちされたのかも」(ネットライター)

 金田も川島も詐欺被害体験をフルに活用、警察特番や詐欺特番などに呼ばれて大いに稼いだという。番組で「元をとった」と鼻高々でしめていた。

「それにしてもネタが古いですね。今や、金田は酒癖の悪さで芸人仲間から半ば“ハブられて”いる存在で、心の中のうっぷんや不満が泥酔した時に爆発的に出てしまうようです。かつてはレギュラー番組を2ケタ掛け持ちする人気ぶりでしたが、今は昔。昨年末はテレビ東京のバラエティ番組の収録でシャレにならない泥酔ぶりを見せて大ひんしゅくをかったばかり。酒癖の悪さで仕事をもらったり、過去の汚点をネタにしてしゃべり倒しているようでは、今後はかなり厳しいと言わざるを得ませんね」(前出・芸能ライター)

 新ネタを探してみては。(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」