芸能

大食い王準優勝の「魔女菅原」が敗因を告白!マックス鈴木に負けた意外な理由

 1月12日の放送で2年半ぶりに「男女混合戦」が行われた「元祖!大食い王」(テレビ東京系)。多くの大食いファイターが登場し、熱い戦いを繰り広げた。

「今回は実力者がそろい厳しい戦いが続いた大会だったと思います。マックス鈴木さんやアンジェラ佐藤さんといった本命に加えて、アメリカのホットドッグ早食い大会で6連覇している須藤美貴さんや、アメリカでプロのフードファイターとして活躍しているフリーデン・ダレンさんが出場。大会のレベルが一気に上がりました」(テレビ誌ライター)

 なにしろ、双子の大食い姉妹として知られる実力者の小野あこ、小野かこさんが最初の戦いで敗退するほどのレベル。今回の大本命と目されていたラスカル新井さんが準決勝で敗れてしまう事件もあった。その中で決勝まで進んだ「魔女」こと菅原初代さんの実力は疑う余地がないといえるだろう。

 魔女・菅原さんは決勝でマックス鈴木さんとフリーデン・ダレンさんと真っ向勝負。チャンピオンを目指したが、惜しくも2位となった。

「結果だけを見ればマックス鈴木がラーメン35杯で、菅原さんは29杯と差がつきましたが、戦いの流れ次第でひっくり返っていてもおかしくありませんでした。なぜ負けたのか、菅原さんは自身で分析し、答えをツイッターに上げています」(前出・テレビ誌ライター)

 敗因は〈ニットのままだったこと〉だと明かしている。決勝当時は快晴で、舞台となった豊洲は冬とは思えない暑さだったという。菅原さんは当初着ていたニットから着替えることなく、そのまま食べ続けたことが負けた要因の1つと考えているようだ。

「決勝では熱々のラーメンを食べ続けるわけですから、選手はかなり暑い思いをします。そのままで食べ続けるのは難しいんです。事実、マックス鈴木さんは途中で上着を脱ぎTシャツ姿になっています。菅原さんは《Tシャツに着替えるべきだった》とツイートしているので、マックスを見習うべきだったと考えているのでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 もちろん、着替えただけで6杯差がひっくり返るわけではないのは菅原さんもよくわかっていて、〈30杯に届くかどうかは問題じゃなくて、すべての手を尽くすべきだった〉と書いている。

 冷静に大会を振り返り、敗因を探った魔女・菅原初代さん。次の大会ではさらに進化した姿を見ることができそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?