芸能

「トップナイフ」第2話、同じ病歴の視聴者から「感動した」コメントが続々!

 天海祐希主演ドラマ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」(日本テレビ系)の第2話が1月18日に放送され、平均視聴率は初回から0.6%ダウンの12.4%だった。

 この日の内容は、顔の激痛に耐えかね、自死未遂を繰り返す患者・和子(濱田マリ)。和子は10年前に三叉神経痛の原因となった脳腫瘍手術を受けていたが、術後も一向に痛みは改善されなかった。だが、検査をしても腫瘍は発見されず、痛みも理解されず人生に絶望していたのだった。

 このテーマに、同じ病気を患ったと思われる視聴者からは「私も三叉神経痛で長い間 痛みに苦しんだ者です。同じ病気でも痛みは人それぞれでその辛さは言葉にしてもわかってもらえないものです。濱田さんの演技は、その辛さが本当によく伝わり涙しました」「三叉神経痛で原因がわからず“気のせい”とか“下顎関節”などいろいろ病名付けられた。これは経験した人にしかわからない」「1話目より良い。濱田さんのエピソードと濱田さんの演技には涙が出た」など、一歩踏み込んだ真剣コメントが多数寄せられた。

「顔に触れた熱さ冷たさなどの感覚を脳に伝える三叉神経が、脳の異常により痛みを感じるのが三叉神経痛です。ただ、痛みは激痛ですが、突発的なものがほとんどです。洗顔や化粧、ひげそり、食事時などに痛みが走ります。この痛みは瞬間的なものなので、周囲から理解されにくい一面があります。術後に和子が痛みを感じずに顔を洗って笑顔になったのは、そのためです。さすが、医療モノに強い林宏司の脚本だと思いました」(医療ジャーナリスト)

 同ドラマは、ただの医療モノに留まらず、病歴者の気持ちもほぐしてくれる作品のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
野呂佳代 石橋貴明も大激賞した「小籠包事件」(2)有吉の罵声で体を張るように
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)