政治

歴代総理の胆力「佐藤栄作」(2)岸・佐藤兄弟「骨肉の争い」

 その佐藤は、幼少時代は“劣等生”であった。小学校は入学時130人中、じつに127番だったというから、幼くして飛び切りの秀才だった実兄の岸信介元総理とは、だいぶ違うのである。

 しかし、なかなかの努力家で、旧制山口中学1年1学期の成績では全校で18番、しかし卒業後は、旧制一高には入れず、熊本の五高に回されている。

 また、その五高では入試の際、同じ受験生に池田勇人がおり、泊まった宿が一緒だったという奇縁がある。その後、五高から佐藤は東大へ、池田は京大へ、卒業後は佐藤は鉄道省、池田は大蔵省へ進み、吉田茂の知遇を得たのだから、共になかなかの「強運」と言っていいのである。

 なぜなら、池田は大蔵省事務官から政界入りすると吉田に目をかけられ、代議士1年生にして大蔵大臣のポストに就き、佐藤はと言えば、やはり政界入り後、自由党の幹事長時代に「造船疑獄」に引っかかり、やはり吉田のサシガネによる時の犬養健法務大臣の「指揮権発動」で、からくも逮捕をまぬがれたからである。この吉田の“助け舟”がなかったら、のちに長期政権のうえで「沖縄返還」を成し遂げることになる佐藤は、存在しなかったと言っていいのである。

 ちなみに、岸・佐藤の兄弟は中選挙区時代の〈山口2区〉で、長らく血で血を洗う「骨肉の争い」も演じている。とくに佐藤が「造船疑獄」に引っかかった直後の昭和30(1955)年2月の総選挙は、凄まじい争いとなった。かつてそれを取材した政治部記者の、次のような証言が残っている。

「時に、鳩山一郎内閣。岸は鳩山率いる民主党、対して佐藤は吉田茂率いる自由党で、保守系の主導権争いを演じた関係にあった。とくに、佐藤にとっては厳しい選挙だった。野党からの攻撃の一方で、同じ保守系の岸陣営からも、『われわれの郷里から汚職者を出して申し訳ありません』などとやられ、大苦戦に陥った。佐藤の妻・寛子も寒風の下、心痛からガリガリにやせ細って、連日、選挙区内を泣き歩いていた。投票日の1週間前、吉田総理が応援に入ってくれ、『佐藤君は潔白。党のために犠牲になったのだ』などと演説、これが功を奏した感じで、佐藤はからくも落選をまぬがれた」

 こうした兄弟を叔父にあたる国際連盟脱退を演じた元外務大臣の松岡洋右(ようすけ)は、「頭脳と才能なら岸、人物は佐藤」と評したものであった。

 ところがドッコイ、その後「人物の佐藤」は、冷徹極まる「佐藤流人事」を繰り出し、これを最大の武器にのちに総理になったあと、長期政権体制を構築することになるのだった。

■佐藤栄作の略歴

明治34(1901)年3月27日、山口県生まれ。東京帝国大学法学部卒業後、鉄道省入省。ノーバッジで第2次吉田内閣官房長官。昭和39(1964)年11月第一次内閣組織。総理就任時63歳。沖縄返還協定調印。昭和50(1975)年6月3日、脳卒中で死去。享年74。

総理大臣歴:第61~63代 1964年11月9日~1972年7月7日

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」