芸能

「ミス日本」はすでにオワコン?藤原紀香もとばっちりの世間評価の凋落ぶり!

「第52回ミス日本コンテスト2020」が1月20日、東京・新宿の京王プラザホテルで開催され、慶応大学文学部人文学科3年の小田安珠さんが、52代目のブランプリに輝いた。

 小田さんは受賞の感想を聞かれると「感謝の気持ちでいっぱいです。素晴らしい賞をくださった方に感謝の気持ちを伝えたいです」と笑顔で答え、「私だけでなく、ここにいる13人で令和の時代を引っ張っていける女性になれるように努力してまいります。応援してくださった皆さん、ありがとうございます」と感謝を表した。

 ミス日本と言えば、過去に女優の藤原紀香や叶美香らを輩出していることでも知られているが、ここ数年は大きな話題となる女性も少なく、どうやら世間の反応はイマイチのようだ。ネット上では〈確かに美人だけど量産型って感じ〉〈最近の艶系DVDの女優の方が絶対に可愛いだろ。ミス日本とかオワコンでしかない〉など、かなり厳しい声が飛び交っている。

「ファイナリストの13名についても、『微妙』と評価する声が圧倒的に多く、中には『レコ大なみに落ちぶれた賞』と言い切る人もいます。そもそもミス日本は美容研究団体の『和田研究所』によって開催されており、候補生が実践するダイエット術『和田式フィギュアリング』の提唱のほか、大腸洗浄機なども販売している。そのため最近のミス日本の定評ぶりと相まって、一部のネット民からは《藤原紀香も大腸洗浄やってそうだなw》などとヤユされるほどです」(芸能記者)

 1950年の第1回大会では、女優の山本富士子が受賞するなど歴史あるミスコンとして知られてきた「ミス日本」。しかし、どうやらその威光は令和の時代ではすっかり陰りを見せているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!
2
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
3
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
4
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?