芸能

「ミス日本」はすでにオワコン?藤原紀香もとばっちりの世間評価の凋落ぶり!

「第52回ミス日本コンテスト2020」が1月20日、東京・新宿の京王プラザホテルで開催され、慶応大学文学部人文学科3年の小田安珠さんが、52代目のブランプリに輝いた。

 小田さんは受賞の感想を聞かれると「感謝の気持ちでいっぱいです。素晴らしい賞をくださった方に感謝の気持ちを伝えたいです」と笑顔で答え、「私だけでなく、ここにいる13人で令和の時代を引っ張っていける女性になれるように努力してまいります。応援してくださった皆さん、ありがとうございます」と感謝を表した。

 ミス日本と言えば、過去に女優の藤原紀香や叶美香らを輩出していることでも知られているが、ここ数年は大きな話題となる女性も少なく、どうやら世間の反応はイマイチのようだ。ネット上では〈確かに美人だけど量産型って感じ〉〈最近の艶系DVDの女優の方が絶対に可愛いだろ。ミス日本とかオワコンでしかない〉など、かなり厳しい声が飛び交っている。

「ファイナリストの13名についても、『微妙』と評価する声が圧倒的に多く、中には『レコ大なみに落ちぶれた賞』と言い切る人もいます。そもそもミス日本は美容研究団体の『和田研究所』によって開催されており、候補生が実践するダイエット術『和田式フィギュアリング』の提唱のほか、大腸洗浄機なども販売している。そのため最近のミス日本の定評ぶりと相まって、一部のネット民からは《藤原紀香も大腸洗浄やってそうだなw》などとヤユされるほどです」(芸能記者)

 1950年の第1回大会では、女優の山本富士子が受賞するなど歴史あるミスコンとして知られてきた「ミス日本」。しかし、どうやらその威光は令和の時代ではすっかり陰りを見せているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!