芸能

「ミス日本」はすでにオワコン?藤原紀香もとばっちりの世間評価の凋落ぶり!

「第52回ミス日本コンテスト2020」が1月20日、東京・新宿の京王プラザホテルで開催され、慶応大学文学部人文学科3年の小田安珠さんが、52代目のブランプリに輝いた。

 小田さんは受賞の感想を聞かれると「感謝の気持ちでいっぱいです。素晴らしい賞をくださった方に感謝の気持ちを伝えたいです」と笑顔で答え、「私だけでなく、ここにいる13人で令和の時代を引っ張っていける女性になれるように努力してまいります。応援してくださった皆さん、ありがとうございます」と感謝を表した。

 ミス日本と言えば、過去に女優の藤原紀香や叶美香らを輩出していることでも知られているが、ここ数年は大きな話題となる女性も少なく、どうやら世間の反応はイマイチのようだ。ネット上では〈確かに美人だけど量産型って感じ〉〈最近の艶系DVDの女優の方が絶対に可愛いだろ。ミス日本とかオワコンでしかない〉など、かなり厳しい声が飛び交っている。

「ファイナリストの13名についても、『微妙』と評価する声が圧倒的に多く、中には『レコ大なみに落ちぶれた賞』と言い切る人もいます。そもそもミス日本は美容研究団体の『和田研究所』によって開催されており、候補生が実践するダイエット術『和田式フィギュアリング』の提唱のほか、大腸洗浄機なども販売している。そのため最近のミス日本の定評ぶりと相まって、一部のネット民からは《藤原紀香も大腸洗浄やってそうだなw》などとヤユされるほどです」(芸能記者)

 1950年の第1回大会では、女優の山本富士子が受賞するなど歴史あるミスコンとして知られてきた「ミス日本」。しかし、どうやらその威光は令和の時代ではすっかり陰りを見せているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測