芸能

「麒麟がくる」が高視聴率で好発進!長谷川博己には「アノ人にしか見えない」

 沢尻エリカの逮捕によって放送が延期されたNHK大河「麒麟がくる」が1月19日、ようやくスタートした。放送前のドタバタを吹き飛ばすかのように、高視聴率を記録している。

 初回の平均視聴率は19.1%をマーク。「いだてん~東京オリムピック噺~」で大きく下がった視聴率を取り戻した。初回の平均視聴率が19%を超えるのは16年の「真田丸」以来とあって、関係者もほっと胸をなでおろしていることだろう。

 内容はおおむね好評のようだが、一部からは不満の声も聞かれる。登場人物たちの衣装がカラフルなことに「不自然」「目が痛い」といった意見だ。同ドラマは衣装デザイナーの黒沢和子さんが衣装を担当。番組プロデューサーによると、いつ死ぬかわからないため、派手な衣装を着ていたという考えに基づいて制作したという。

「12年の『平清盛』は『画面が暗くて汚い』と批判されました。その反省があるのかもしれません。明智光秀を演じている長谷川博己は、明るい青とやはり明るい緑の衣装を着ています。確かにちょっと派手に感じますね」(テレビ誌ライター)

 その長谷川はこちらもおおむね好評のようだ。だが、「明智光秀に見えない」という声も見られる。長谷川に対して「萬平さんにしか見えない。早くカップヌードル作ってと言いたくなる」というのだ。

 長谷川は18年放送のNHK朝ドラ「まんぷく」で立花萬平役を演じ、そのイメージが今でも強いことが理由だろう。

「また、火事の後のシーンで長谷川は顔をすすで汚していたのですが、こちらは映画『シン・ゴジラ』の矢口蘭堂に見えると言われています。あの顔を見たら、思わず『まずは君が落ち着け』と泉修一ばりのツッコミを入れたくなりました(笑)」(前出・テレビ誌ライター)

 萬平さんと矢口のイメージを払拭し、「明智光秀」を作り出すことができるのか。今後の長谷川博己に注目だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!