芸能

第二の飯島愛に?人気艶系女優「おもしろい人間になりたい」発言の真意とは

 テレビプロデューサー、演出家、司会者、タレントなど様々な肩書をもつテリー伊藤氏のYouTubeチャンネル「お笑いバックドロップ」。19年12月26日投稿の『テリー伊藤「私は興奮しております」日本No1紗倉まなさんが初登場。そこまで話してくれるの!?』に、艶系女優の紗倉まながゲスト出演した。

 冒頭、テリー氏は、「日本でNo1」の艶系女優であるとして、紗倉を紹介。さらに日本でNo1であれば世界中の艶ビデオの中で一番日本のものがいやらしく、世界でNo1であり、日本の中でチャンピオンになるということは艶ビデオ業界における「イチロー」的な存在であると絶賛した。

 そしてトークが始まり、テリー氏が恋愛観について訊ねると、紗倉は「私は働いて稼ぐことには意欲的だけど、家事はちゃんとできないんで、そういう自分を認めてくれる男性はあまりいないというか…恥ずかしいくらい部屋が汚れてるんですよ」と答えた。

 テリー氏は「お風呂とかヌルヌル?」と質問すると、紗倉は「お風呂場だけはきれいに洗います」。なおもテリー氏は下半身用の肌着を替えないんじゃないかと問うと、紗倉は、上半身用の肌着については「替えないです。これ3日目です」と返し、スタジオが笑いに包まれた。

 これからやりたいことを質問された紗倉は、「おもしろい人間になりたいです」と、意外な回答。さらに、「テリーさん、自分のエッセンスを入れておもしろく話すじゃないですか。自分の個性を入れて話すのってどうしたらできるんですか?」と質問した。 これにテリー氏は「十分できてるから。ビックリしてるよ。こんなにおもしろくしゃべるんだって」と紗倉のコメント力を賞賛したのであった。

 かつて、元艶系女優でタレントの故・飯島愛さんが、歯に衣着せぬ物言いから、お茶の間の人気者となり、バラエティーに必要な人材となっていたが、紗倉も飯島のようにバラエティ進出に意欲があるのだろうか?だとすれば、テリー氏の「お墨付き」の影響は非常に大きい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”