芸能

朝日奈央と能條愛未の“友情”も深い「高校同級生」超豪華メンバーの面々!

 元乃木坂46で、現在は舞台を中心に活躍する女優の能條愛未が、マブダチだという朝日奈央に帽子をプレゼントした。1月20日に放送された「The Gift~大切なあなたへ~」(日本テレビ系)にて、高校の同級生だという二人の交流が明かされ、色違いでおそろいのコーデュロイキャップを購入。その仲の良さが十分に伝わる内容だった。

「二人は芸能コースで知られる東京の日出高校(現・目黒日大高校)出身。同校出身の芸能人はたくさんいるものの、1994年度生まれの世代は驚くほど人気者ぞろいで、もはや若手芸能人のアべンジャーズと呼びたくなるほどです」(アイドル誌ライター)

 その94年度組にはアイドルが多く、能條と元アイドリング!!!だった朝日のほか、ももいろクローバーZの百田夏菜子、元℃-uteの鈴木愛理、元E-girlsの藤井萩花、元PASSPO☆の玉井杏奈や増井みおなど、一線級で活躍したアイドルがズラリ。この学年だけでアイドル界のドリームチームが組める勢いなのだ。

「彼女たちの学年はアイドルに留まらず、アーティストの家入レオや女優の松岡茉優、声優の日高里菜など、様々な分野で活躍しています。入学当初からすでにアイドルだった朝日や百田、鈴木に対して、家入は高二でCDデビュー、能條も高二で乃木坂46に加入(1期生)しており、遅咲き組と言えそうです。また松岡は中学生時に『おはガール』で活躍していましたが、高校時代はあまり役に恵まれず、女優として花開いたのは高校卒業後。そんな能條や松岡が“マブダチ”と呼ぶ朝日は、その名の通り太陽のような存在で周囲から愛されていたようですね」(前出・アイドル誌ライター)

 彼女たちは日ごろからテレビや雑誌で同級生の話題を口にすることが多く、今回の「The Gift」でも能條が高一から10年続く朝日との友情を披露した形だ。そんな“花の94年組”の同窓会ライブに期待するファンも多いに違いないだろう。(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
2
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
3
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
【専門計測値で判明】12球団で最も本塁打が出やすい球場は「甲子園の4倍」のココだ!