芸能

吉高由里子、「不貞ネタを追いながら自分も不貞へ…」展開に賛否が白熱!

〈ヒロインが不貞するの?いや、恋愛は自由なんだけどさ。吉高由里子が不貞するのはちょっと見たくない〉〈不貞はあかんでケイト〉〈来週は不貞の話なのか…実にタイムリー〉と、いった意味の声があがるなど吉高由里子主演ドラマの「知らなくてイイこと」(日本テレビ系)第6回は、第5話終わりの放送予告から、視聴者の反応は実に冷ややかだった。芸能ライターが言う。

「2月14日の放送の第6話は、吉高由里子演じる真壁ケイトが勤める『週刊イースト』で不貞ネタを追う展開になると同時に、それとリンクするように、年下の恋人と別れたばかりのケイトが、元カレで今は既婚者の柄本佑扮する尾高由一郎と、ラストでついにキスをするという展開に。ただ、現実での東出昌大と唐田えりか、鈴木杏樹と喜多村緑郎と、相次ぐ不貞ニュースで、ドラマでも不貞がテーマになっていることに、かなりうんざりしている視聴者が多数いたようです。もし本当に尾高が妻子を大事にしているなら、ケイトに対するありあまる優しさは罪ではないかといったような否定派の意見が目立っていましたね。一方で、ケイトにも、尾高が現在でも週刊イーストに出入りするカメラマンで、会う機会が頻繁にあるとはいえ、尾高の仕事部屋と思われるマンションにのこのこと出かけて行くのは少し行動が軽はずみなのではないか?なんて指摘もありました」

 一方で、そこは恋愛要素も強い「知らなくて-」だけに、複雑な心境で2人の今後を見守っている視聴者もいる。〈(尾高が)実は妻とうまくいってなかったってことで復縁してほしい〉〈不貞展開はあまり見たくないけど、2人のシーンはもっと見たい〉といったものだ。

「ただ、今回描写された、週刊誌編集部の取材の方法で、不貞する有名人カップルの動かぬ証拠をとらえたと思っても、さらに2人で会っているペア写真がとれるまで粘るところなどが前回に続き、リアリティがあると評価する声は確実にあります。《編集長役の佐々木蔵之介さんがほんとうまいなぁと思う》とのコメもあり、ケイトが勤める編集部員のキャラ設定も多彩で、よくぞここまでの芸達者たちを集めたという印象はあります」(前出・芸能ライター)

 視聴率は第5話が8.7%に続き、今回の第6話が、8.4%と過去最低になるなど苦境が続いている。が、ヒロインの恋愛パートのみでなく、お仕事ドラマとしても引き続き楽しませてほしいものだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
2
マギー、「バストのふくらみ丸わかり」ボディースーツ横胸ショットの“艶度”
3
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
4
清原和博を巡り起きていた西武黄金時代・ベンチ内の“ギクシャク”とは
5
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた