芸能

吉高由里子、「不貞ネタを追いながら自分も不貞へ…」展開に賛否が白熱!

〈ヒロインが不貞するの?いや、恋愛は自由なんだけどさ。吉高由里子が不貞するのはちょっと見たくない〉〈不貞はあかんでケイト〉〈来週は不貞の話なのか…実にタイムリー〉と、いった意味の声があがるなど吉高由里子主演ドラマの「知らなくてイイこと」(日本テレビ系)第6回は、第5話終わりの放送予告から、視聴者の反応は実に冷ややかだった。芸能ライターが言う。

「2月14日の放送の第6話は、吉高由里子演じる真壁ケイトが勤める『週刊イースト』で不貞ネタを追う展開になると同時に、それとリンクするように、年下の恋人と別れたばかりのケイトが、元カレで今は既婚者の柄本佑扮する尾高由一郎と、ラストでついにキスをするという展開に。ただ、現実での東出昌大と唐田えりか、鈴木杏樹と喜多村緑郎と、相次ぐ不貞ニュースで、ドラマでも不貞がテーマになっていることに、かなりうんざりしている視聴者が多数いたようです。もし本当に尾高が妻子を大事にしているなら、ケイトに対するありあまる優しさは罪ではないかといったような否定派の意見が目立っていましたね。一方で、ケイトにも、尾高が現在でも週刊イーストに出入りするカメラマンで、会う機会が頻繁にあるとはいえ、尾高の仕事部屋と思われるマンションにのこのこと出かけて行くのは少し行動が軽はずみなのではないか?なんて指摘もありました」

 一方で、そこは恋愛要素も強い「知らなくて-」だけに、複雑な心境で2人の今後を見守っている視聴者もいる。〈(尾高が)実は妻とうまくいってなかったってことで復縁してほしい〉〈不貞展開はあまり見たくないけど、2人のシーンはもっと見たい〉といったものだ。

「ただ、今回描写された、週刊誌編集部の取材の方法で、不貞する有名人カップルの動かぬ証拠をとらえたと思っても、さらに2人で会っているペア写真がとれるまで粘るところなどが前回に続き、リアリティがあると評価する声は確実にあります。《編集長役の佐々木蔵之介さんがほんとうまいなぁと思う》とのコメもあり、ケイトが勤める編集部員のキャラ設定も多彩で、よくぞここまでの芸達者たちを集めたという印象はあります」(前出・芸能ライター)

 視聴率は第5話が8.7%に続き、今回の第6話が、8.4%と過去最低になるなど苦境が続いている。が、ヒロインの恋愛パートのみでなく、お仕事ドラマとしても引き続き楽しませてほしいものだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕